神父と牧師の違い!結婚式場にいるのはどっち?



結婚式と言えば、最近はもっぱらキリスト教式。

大きなホテルにあるチャペルで、
午前中に挙式をやって、午後に披露宴という流れが多いですよね。

null

この間、友人が結婚して、午前中の挙式から、
結婚式に参加してきました。

独特の雰囲気ですよねー。結婚式。

パイプオルガンが鳴り始めて。

新郎(お婿さん)が入場して。

新婦(お嫁さん)がお父さんに連れられて入場して。

そして、お嫁さんがお婿さんに引き渡されます。

キリッツ!

やがて、おもむろに讃美歌とかが歌われます。

なんかもー。

あー、ついにこの日がきたんだなー、と、
周りの雰囲気も手伝って感慨深くなりますよね~。

で!

今回の主役はお嫁さんとお婿さんじゃなくてですね(^^;

その時に、2人に永遠の愛の誓いの仲介人をする人です。

さて、この人って

  • 神父

  • 牧師


どっちでしたっけ??

みなさん、おわかりになります??

別に知らなくても生きていけるが、だがしかし。
気になりだしたら止まりません(笑)

今回は、神父牧師、一体何が違うのかをまとめました。

それではどうぞ~。

Sponsored Link



神父と牧師の違い


神父と牧師の違いについて。

どちらも神に使える聖職者ではあるのですが、
まず、一言で違いを言ってしまうと、

神父:カトリック
牧師:プロテスタント

という違いがあります(^-^)h

名前くらいは聞いたことあるかと思います。

一口でキリスト教といっても、
実にさまざまな宗派に分かれているんですよ。

日本で一番信者が多いのはカトリック教ですが、
教派としては一つで、一地域に一つの教会があるのみです。

null

対して、プロテスタントは、さまざまな教派があり、
聖公会、日本キリスト教団、ルーテル教会、などなど。
挙げればきりがない程の数があります。

プロテスタントの場合、教え導く内容も様々なので、
宗派の数と、その支所の数だけ、教会が立ちます。

なので、教会のたてもの数としては、
カトリックよりはるかに多くの数があります。

Sponsored Link


カトリックの神父(司祭)


それで次に、具体的に神父と牧師の間で、
何が違うのかというお話になります。

まずカトリックの神父は、誰彼かまわず
なりたいと思ってなれるものではありません。

カトリックの神父になるためには、
聖書の使徒行伝にある、キリストの12弟子から伝わる、

神に認められた使徒

になる必要があります。

また、使徒継承には位階制度があって、

司教 → 司祭 → 助祭


と、それぞれのグレードがあります。

カトリック正教会の神父は、聖職になる前であれば、
結婚もできるのですが、

結婚する前に神父になった場合は、
その後、結婚はできず、一生独身を貫きます。

null

プロテスタントの牧師(先生)


対して、プロテスタントの牧師の場合は、
カトリックほど、組織的ではありません。

もちろん大きな教会もあるのですが、
基本的に牧師は、

  • リーダー

  • 先生


  • といった位置づけとなります。

    もともとプロテスタントは、
    カトリックから分裂して出来た教派なんですよ。

    西暦1500年頃に、聖職者の堕落をみて

    政治と宗教がくっついて腐敗しておる!見てられん!

    として、聖書に書かれている福音(キリストの教え)
    に立ち返ろうとして出来た分派なんですね。

    なので、プロテスタントの宗派はそれぞれ独自の教理を持ち、
    250以上バラバラに分かれているんです。

    すると、各宗派によって、牧師の立ち位置も変わってきます。

    かなり厳しい教会もありますし、
    中にはちょっと怪しい宗派もあったりします。

    いずれにせよ、その教派をまとめている、
    牧師の考え方しだいで、運営方針が決まってくるのです。

    Sponsored Link


    結婚式にいるのは神父?それとも牧師?


    そしてやっと、最初の疑問に戻ります(^^;

    結婚式にいるのが、神父なのか、牧師なのか

    回答から言ってしまうと、

    ほぼ、牧師である


    と言えるでしょう。

    なぜならば、カトリック教徒には、厳しい戒律があり、
    普段から教えを守っていないといけないワケです。

    結婚するから神父来てください。
    とは、気軽に言えないんですね(^^;

    あなたは私が語る神の言葉をしっかり守ってきたのか!

    なんて言われかねません。





    じゃあプロテスタントなら、気軽にやってくれるのね。

    というと、そういう訳でもないんです(^^;

    前述したように、プロテスタントには、
    さまざまな教派があるので、結婚に対する教理も
    かなりたくさんの考え方が発生しているのです。

    ただ、たくさんの教派が有るゆえに、

    神の名のもとに、私が結婚の誓いに立ち会いましょう

    と、特に条件無く受けてくれるところも有るんですよ。


    さらに言ってしまうと、結構な数の神父が、
    週末のアルバイトの人が、司式を行っていることも多いんです(^^;

    私が大学生のころに知り合った、新宿に済んでいた、
    日本語が話せない、ニュージーランド出身の英語教師の人がいたんですよ。

    (´-`).。oO(彼の英語は聞き取りずらかった・・・)

    彼はよく、土日に結婚式場で牧師のアルバイトをしていました(^^;

    null

    一応、クリスチャンではあったんですけどね。

    見た感じ、そんなに信仰に熱いわけではなさそうでした。
    パーティとかが大好きで、家に剣道着が飾ってありました。

    毎週、ミサに通っていて、顔見知りの牧師がいれば別ですが、
    普通の日本人は普段、教会に行かない人も多いですよね。

    実際のところは、結婚式の時に空いてる神父を手配する、
    人材派遣ビジネスなどがあるんだと思います。

    まぁ、大事なのは、結婚する二人の気持ちだと思いますしね。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は、結婚式にいるのが神父と牧師のどちらなのか。

    というところから、キリスト教のカトリックと、
    プロテスタントの違いまでお話が膨らんでしまいました(^^;

    結論としては、

  • 神父はカトリック、牧師はプロテスタント

  • 結婚式にいるのは、牧師であることが多い

  • 結婚式の牧師は、アルバイトであることも多い


  • という結果でした!

    いちおう、今回の神父と牧師の違いを表にまとめておきます。
    よろしければご参考くださいませー!

    神父 牧師
    教派 カトリック プロテスタント
    身分 上下関係がある 上下関係がない
    結婚 結婚しない 結婚してもいい

    今回は、以上となります。

    最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ