馬とロバの違い!交配するとどうなる?掛け合わせた他の動物もまとめて紹介!



ロバって似ていますよね。

乗馬クラブや動物園などで見る機会も多いですが、
どう違うのでしょうか。

null

馬の方がロバよりも大きいイメージがありますが、
交配させた場合にどうなるのでしょう?

そもそも、種が違って子孫を残すことができるのでしょうか。

と、いうことで!

今回は、動物の遺伝子の組み合わせについてまとめました。

さっそくみていきましょう!


Sponsored Link





馬とロバの違い


馬もロバもウマ科の動物の仲間
双方とも古代から家畜として利用されてきました。

ポニー、シマウマなどもウマ科に属するウマの仲間です。

馬に比べてロバは身体が小さく、小柄で、足やひずめも小さいですよね。

ロバは身体は小柄ですが、耳が長く、
ウサギのようなので兎馬(ウサギウマ)と呼んでいる地域もあります。

馬がふさふさしたしっぽをしているのに比べ、
ロバのしっぽはひも状に細長く、毛先が少し広がっています。

Sponsored Link


交配させるとどうなる?


さて、ではウマとロバを交配させるとどうなるのでしょうか。

通常、別種族の動物同士は交配しても子孫を残すことはできませんが、
馬とロバは遺伝子が近いので交配させることができます

小型の馬であるポニーロバを交配させると「ラバ」と「ケッティ」生まれます。

    馬とロバを交配させると生まれる動物

  • ラバ

  • ケッティ


オスのロバとメスの馬の交雑種がラバであり、
オスの馬とメスのロバの交雑種がケッティ

null

しかし、どちらも繁殖機能は持っていません

ただ、飼育が容易であり、丈夫なので昔から家畜としてメキシコやスペイン、中国で利用されてきました。

ラバは比較的大柄で、耳はさほど長くなく、頑丈で病気や害虫に強いという特徴があります。

ケッティは比較的小柄で、外見は馬に似ています。
長いたてがみがふさふさのしっぽが特徴です。

Sponsored Link


掛け合わせた動物の事例


ラバやケッティの他にも掛け合わせの動物はたくさんいます。
いくつか紹介していきましょう。

ゼブロイド

シマウマ他のウマ科の動物との交雑種。

シマウマ特有のしま模様が身体に現れることもありますが、胴や脚、首など、出現する模様は一定ではありません。

また、オスがロバ、メスがシマウマの場合は「ゾンキー」と呼ばれる交雑種が生まれます。
ロバの体格ですが、足や背中にしま模様が見られます。

ライガー

オスがライオンでメスがトラの交雑種。

顔かたちはライオンによく似ていて、たてがみがあり、ライオン並みの大柄な体格をしています。

個体によっては淡いしま模様が身体に現れることもあるようです。

オスがトラでメスがライオンの交雑種は「タイゴン」といいます。
こちらはライガーとは逆にトラの特徴が顕著に出ています。

レオポン

ヒョウライオンの交雑種で、オスのヒョウと、メスのライオンから生まれます。

頭はライオンに、身体はヒョウに似ていて、身体にはヒョウの特徴であるヒョウ柄模様が現れます。
一代雑種なので繁殖能力はありません。

ウルフドッグ

ハスキー、シェパードなどの犬種と家畜化されたオオカミとの交雑種。

大型犬の一種としてアメリカの保護施設などで飼育されています。

非常に大柄で二足立ちすると2mを越えるほどの巨体もいます。
オオカミということで狂暴に見られがちですが、頭が良く温厚な性質を持っています。

Sponsored Link


まとめ


今回は馬とロバの違いについて紹介しました。

ロバは馬よりも小柄で耳が長いという特徴があります。
遺伝子が似ているので掛け合わせることも可能で、ラバやケッティという交雑種が生まれます。

他にも交雑種というのは数多く存在します。

遺伝子が近しいと子孫を残すことができますが、やはり似ているだけで違う遺伝子ではあるため、その多くは繁殖能力がなくなるという特徴があります。

他にもいろいろな種類の交配種があるので、調べてみるのも面白いですね。

掛け合わせた動物の名称一覧

ラバ オスのロバとメスの馬の交雑種
ケッティ オスの馬とメスのロバの交雑種
ゼブロイド シマウマと他のウマ科動物との交雑種
ゾンキー オスのロバとメスがシマウマの交配種
ライガー オスがライオンでメスがトラの交雑種
タイゴン オスがトラでメスがライオンの交雑種
レオポン オスがヒョウでメスがライオンの交配種
ウルフドッグ ハスキーやシェパードなどの犬種とオオカミとの交雑種

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事

コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ