企画と計画の違い!企画書と計画書の意味はどう違う?

Sponsored Link




よく仕事などでお客さんに営業をかけるときや、新たな取り組みを始めるときに、

企画書

を作成しますよね。

でも、似たような言葉に「計画」があり、

  • 事業計画

  • 計画書



  • などを作成すこともあります。



    企画」と「計画」。

    よく似たイメージの言葉ですが、どういった違いがあるのでしょうか。

    今回は企画と計画の違いについて紹介していきましょう。

    Sponsored Link





    企画と計画の違い


    企画とは、

      「ある目的を行うためのくわだて、もくろみ」

    のことをいいます。

    企画という言葉は、人生の目標のような壮大な計画よりも、

  • 学校の行事

  • 会社のイベント事

  • 仕事を受注するための提案書

  • など、個別の出来事や内容をまとめる際に対して使うことが多いです。


    一方、計画というのは、

      「ある事を行うために、あらかじめ方法や順序などを考えること。
      「また、その考えの内容」

    のことをいいます。

    企画と似ているようですが、もっと広い定義でも使うことがあります。


    英語で表記すると”project”や”plan”が当てはまるでしょう。

    企画や計画の内容、規模によって”project”と”plan”は使い分けられます。

    例えば、

    企画を立てることは”make a plan
    壮大な計画のことは”a grand project

    というように使い分けられます。

    Sponsored Link


    企画書と計画書の意味とは?


    会社で企画書を提出することも多いと思いますが、企画書とは、

    「自分の考えた計画の説明や、その動機を書くもの。」
    「計画を実行するために必要なことを説明し、相手に伝える」

    ための書類です。


    対して計画書は、

    「自分の考えた計画のため、行う取り組みをどのような手順で進めていくのか」
    「必要なもの・コトは何か」

    などを記した書類のことです。


    企画書にとって重要な部分は、

    これから自分が実現したい目的を相手に伝える

    という点です。


    つまり自分なりの目的があったとしてもそれが記入されておらず、次にする行動だけを箇条書きにしたようなものは、企画書ではなく、計画書として分類されるようですね。

    ちなみに企画書が通った後で、次にやるべき手順などを記したものは計画書と呼ばれることもあります。

    Sponsored Link


    企画書に盛り込むべきこと


    ということで、企画書の場合は、単なる計画書と違い、「相手を説得させるためのもの」という要素が強くなってきます。

    で、そんな企画書、いったいどのように書いたらよいのでしょうか。



    企画書を書くにあたり重要なことは、自分の行いたい計画をいかに相手に分かってもらえて、共感を得られるかという点です。

    書類のかたちではありますが、企画書の提出は一種のプレゼンと考えていいでしょう。

    なので企画書には、

  • 行いたい事業やイベントの内容な理由

  • 具体的な目的

  • 行うための理由

  • 行うメリット

  • 得られるであろう成果


  • などを盛り込むといいですね。
    (^-^)h

    目的や理由を曖昧にせずに、はっきりと記することで企画書のレベルが上がります。

    1ページに1つの項目をまとめ、図や事例を使って視覚的にも分かりやすく作るように心がけましょう~。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は企画と計画の違いについて紹介しました。

    似ている言葉ですが企画書と計画書では求められている内容が違っています。

  • 自分の目的やその事を行う理由などを上手く相手に伝えられるものが良い企画書

  • 具体的な手順が分かりやすく順を追って整理されているのが良い計画書

  • となります。

    今回は以上です。
    参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ