十分と充分の違い!使い分け方法とは?



唐突ですが質問です。

こどもに、

「車にはじゅうぶん気をつけてね!」

という文を漢字で書くとどうなるでしょう!

  • 十分気をつける

  • 充分気をつける




おっと、実はにどちらだか分からない人、
多いのではないでしょうか?(^^;

今回は、この2つの言葉の違いと、
使い分け方法について紹介します。

Sponsored Link



十分と充分の違い


まず十分の方から見てみましょう。
この「」については、

  • 腹八分目

  • 十二分に頑張った


などの慣用句からも読み取れるように、
100%に達した状態を示しています。

数字で表していることからも分かるように、
1、2、3と続いて、10でいっぱいになっている状態。

つまり客観的に見て「満タンです」という状態を行っています。

英語でいうと、”Full“に近いですね(^-^)h





次に充分の方を見てみましょう。

この「」の意味について、
他に充が使われている言葉を集めてみましょう。

  • 充実

  • 充足

  • 充填


などが挙げられます。

「十」の字を比べると
「数値化できない」「より主観的な場合」

に使われているのが読み取れます。

英語でいうと”Enough“に近いですね(^-^)h

Sponsored Link


十分と充分の使い分け


「十分」と「充分」の違い、
何となく伝わりましたでしょうか。

この通り若干意味の違いはあるのですが、

「足りている」という意味で使う場合は、
正直どちらを使っても間違いではありません。

ただ、教育の場で教えられるようになった、
ということもあり、メジャーなのは「十分」の方です。

強いて使い分けるとしたら、

  • 十分:レポートや公的文章など、客観的なもの

  • 充分:論文や手紙など、主観的なもの

とすると良いでしょう。

Sponsored Link


わかりやすく、いくつか使い分けの事例をみてみましょう。

    例1)

    たとえば、感謝の気持ちを相手に示す時に、

    「その御心だけで十分です」

    よりも

    「その御心だけで充分です」

    と書いた方が、「心が満ち足りているんですよ~」と、
    より、情緒的な感情を伝える事ができます。

例2)

逆にレポートなどで、

「実験をするには、リトマス紙が5枚あれば充分である」

とすると、なんかヘンですよね。この場合は、

「実験をするには、リトマス紙が5枚あれば十分である」

と、客観的に表現する十分を使う方がしっくりきます。

Sponsored Link


まとめ


今回は、十分と充分の違いと、
使い分け方について紹介しました。

まとめますと、

十分:一般的な使い方。客観的に足りてる状態
充分:叙情的な使い方。主観的に満ちてる状態

となります。

これで、本稿の最初に問いかけた、

「車にはじゅうぶん気をつけてね!」は、
どちらを使うか、もうバッチリですよね
|ω^)?

迷った場合は、「十分」の方を使えば、
間違いではありません。

ただ、手紙などの感情が入る場面で、
「充分」を使えば、相手からそれとなく、

「お、ちゃんと日本語わかってるな~」

と、感心してもらえるかもしれませんよ(^^

できるだけ、趣のある豊かな日本語を
使えるよう意識したいものですね。

ではでは
(*゚ー゚*)ノシ

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事

コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ