ジーンズとジーパン!呼び方の違いがあるのはなぜ?



エドウィンや、リーバイスなどで売っている、
デニム生地で出来た、はきやすいズボン「ジーパン

青や、深い蒼で作られたジーパンは、
穿くごとにイイカンジに色落ちしてイイ(・∀・)ですよね。

null

私も、会社が私服OKなので、通勤もジーパンで行っています。

はいっ!

ここで、違和感を覚えた人、挙手!

わかります。(*゚ー゚)(*。_。)(*゚ー゚)(*。_。)ウンウン

あなたの主張は、

「オイオイ、ジーパンってなんだよ、ジーンズだろ!」

ってところですよね!?

確かに言われてみると、ユニクロなどで売っている、
デニム記事のズボンを、

ジーパン」という人と、
ジーンズ」という人がいます。


果たして、どっちが正解!?

ということで、この2つの呼び名がある理由や、
どちらが正しいのか、について調べてみましたよ!

さっそく見てみましょう~

Sponsored Link



ジーパンってそもそもなんだ!?


ジーパン」という言葉が生まれたのは、
今をさかのぼること60年前の1950年代

1945年に世界大戦(戦争)が終わって、
日本には、米兵が駐屯するようになりました。

今も沖縄などに駐屯していますよね(^^

それまでは、日本にはジーパンは
存在しなかったんですよ~。

で、どっからジーパンが登場したかというと、
日本に駐屯している米兵(GI)がはいたジーパンを、
まだ使えるということで下請けにだしたんですね。

その米軍払い下げのデニムのパンツを扱ったお店が、

「GIのはくパンツだからジーパンだ」

と名付けたことで、始めて日本にジーパンが広まったとされています。

なので、ジーパンは、日本独自の呼び方なんですね~。

ちなみに、最初に売られてたのは、アメ横みたいですよ(^q^)

Sponsored Link


ジーンズっていったいなんだ!?


では、ジーンズはどうでしょう。

こちらもデニム記事で作られたパンツのこと。

つまり、ジーパンと物は一緒ってことです。


こちらが物の名称として生まれたのは、
ジーパンよりも100年古く、1850年代

場所はアメリカです。

そのころのアメリカは、カリフォルニアから始まった、
ゴールドラッシュ(金発掘ブーム)の真っ只中。

それまでのズボンは生地が薄かったので、
金を発掘するために金鉱で、

「あ、掘って、掘って、掘りぬいて、っと」

と、発掘作業をしていると、ズボンがすぐに
ぼろぼろになってしまっていたのです。

そこで登場したのが、丈夫なデニム生地を素材にしたジーンズ

しかも藍色は虫除けにもなるということで、
当時の鉱山労働者の間で大ブレークしました。

いずれにせよ、「ジーパン」は和製英語で、日本だけの名称。
海外では「ジーンズ」と呼ばれています。

Sponsored Link


デニムについて


ちなみに、ジーパンのことを「デニム」という人がいますが、
これは、生地の名前のことです。

なので、まぁ、間違いではないのですが、「デニム」だけだと、

シャツなのか
ジャケットなのか
ワンピースなのか

よくわからないですよね(^^;

個人的には、流行による呼び名という気がします。

Sponsored Link


まとめ


今回は、ジーンズとジーパンの由来や、
呼び名が違う理由について紹介しました。

まぁ、結論を言うと、どちらが正解って言うのはありません。

だって、時代によって呼び名が変わってるんですもの。

  • 1945年~:ジーパン(当時はジーンズとは言われていなかった)

  • 1950年~1970年:デニムのジャケットやジャンパーが流行る

  • 1970年~:ジーンズと呼ばれ始める

なので、感覚としては、年齢が上のほうの人は、
「ジーパン」と呼ぶ傾向が強いみたいです。

まぁ、私は30代ですが、「ジーンズ」とは呼ばず、「ジーパン」ですけどね(^^;

でも確かに調べてみると、「ジーパン」のウィキペディアは存在せず、
ジーンズのみ、ウィキペディアが存在してました。

ただ、ウィキペディアができたのは、2000年を過ぎてから。
ジーンズという名称が日本で広まったのは、1970年代に入ってから。
それまでは、すべてジーパンと呼ばれていたわけです。

なので、「シーパン」と呼んでも「ジーンズ」と呼んでも
「どっちが正しい!」というのははっきりいえません。

まぁ、何を指しているかがわかれば、コミュニケーション上は問題ないので、
いままでどおり、好きなほうの固有名詞を使ったらよいと思います(^^

「こっちが正しい呼び名だぜ!」

なんて主張は、この場合はナンセンスです(笑)

もう20年たったら、また別の呼び名で呼ばれているかもしれませんね(^^

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事

“ジーンズとジーパン!呼び方の違いがあるのはなぜ?” への2件のフィードバック

  1. Buzz より:

    お邪魔します。
    戦前の日本にもジーンズはありましたよ。あの関東大震災(1923)の後、アメリカからの救援物資として衣料品が届きましたが、その中にリーバイスのジーンズも含まれていました。
    もちろん当時はアメリカでも「作業服」として使われていたもので、ファッションとしてのものではなかったので「ジーパンはなかった」の記述は間違いではありませんが。
    当時のリーバイスを誰かが使わずに保管していたら、今頃はとんでもない価値があったでしょうね。(^_^)
    失礼しました。

    • 管理人 より:

      >Buzzさん

      コメント&貴重な情報ありがとうございます。
      歴史を感じる含蓄のあるお話ですね。

      確かに90年もののリーバイスのジーンズは見たことがないですね。(笑)

      こういったお話をお聞きすると、いまからでも1着くらい、
      エドウィンのジーパンをキレイにとっておきたくなりますね。

      50年後にはプレミアがついているかも!?
      と、いっても生きているかは分かりませんが。(笑)

コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ