すだちとかぼすの違いは?見分け方はこれ!



9月になると食卓にならぶ秋刀魚(サンマ)

旬のサンマってアブラがのってておいしいですよね~(*^-^*)

ところでさんまって何で食べます??

  • しお

  • しょうゆ

  • ぽん酢


  • どれもおいしいですよね~

    でも、さらにはずせないのは、やっぱり薬味

    大根おろしもいいですが、
    我が家では、すだちをかけて食べます♪(^^

    null

    時期になると、嫁の妹が大量に送ってきてくれるんですょ(・∀・)

    アレ?でもすだちとなんだか、
    かたちが似ている柑橘系がありませんでしたっけ。

    えーと、そう、かぼす

    イマイチ、はっきりと思い出せないのですが、
    かぼすってどんなかたちをしてましたっけ。

    なんだか、すだちと同じ色だったような・・・。

    そもそも、すだちとかぼす、何が違うんでしょう。

    と、いうことで!

    曖昧なのはよろしくない。
    かぼすさんにも失礼です!

    今回は、すだちとかぼすの違いについてまとめました。

    さっそくみてみましょう~。

    Sponsored Link



    すだちってどんな果物?


    さっそく調べようとしたら、
    いきなりまよってしまいました(^^;

    すだちって、果物?それとも野菜

    こたえは~、ジャジャン!

    果物でした~(笑)

    すだちはミカンの仲間で、ゆずの親戚ともいわれています。
    でもゆずよりは酸味が強く、昔は食酢としても使われていました。

    すだちは徳島の特産物

    すだちは、徳島県の特産物で、
    9割以上が徳島県で生産されています。

    なるほど、そういえば、嫁の妹が徳島暮らしです。
    それで、時期になると我が家の食卓に並ぶのか(^^

    東京のスーパーだと、すだちってやたら高いですよね。
    2、3個しかないのに、100円とか、150円とか。

    むこうだと、1000円で30~40個のすだちを
    箱買いできるんですって(^^

    旬は8月~10月で、実が青いうちに全国に出荷されます。
    ちょうどサンマの旬とぴったりなんですね~♪

    Sponsored Link


    すだちはミカンと同じ色

    ちなみに、冬くらいになると、
    みかんと同じようなオレンジ色になります。

    すだちは熟しすぎると風味が失われる

    なんて言われてますが、実際のところは、

    みかんとすだちを足して割ってレモンの酸っぱさを加えた感じ


    で、これはこれでおいしいと言ってました。

    東京住まいの我々は、なかなか試す機会もなさそうです(^^;

    うどんや鶏料理、すり身にしても使える

    あと、すだちの特徴は、かぼすよりも、
    一般的に風味が豊かだと言われています。

    そんなこと言ったらかぼす派に怒られそうですが(^^;

    サンマ以外にも、うどんに入れて食べたりしますが、
    やっぱり入れるのといれないのでは、風味がだいぶかわります。

    湯気に混じってほんわり薫る、すだちのまろやかな酸味は、
    食欲を引き立て、いっかい使うとヤミツキになります(笑)

    それはもう、普通のうどんが物足りなくなってしまうくらい(^^

    すだちは、皮の部分も使えますよ!

    まつたけ、お吸い物、あんかけなど、
    香り高い料理にすだちの皮をきざんでいれると、
    さらにGoodな仕上がりになります♪

    ではでは、お次はかぼすについてですよーっ

    Sponsored Link


    かぼすってどんな果物?


    なんかずいぶんすだち推しな記事になってしまいましたが、
    次は、かぼすについてですヾ(;´▽`A“

    いやいや、かもすも捨てたもんじゃないんですよ!(動揺)

    かぼすも、すだちと同じ香酸かんきつ

    江戸時代に中国より伝わって、
    風邪薬や皮膚の薬として使われていたそうです。

    昔は、皮を刻んで虫よけ用に燻(いぶ)して使われており、

      蚊、燻す かいぶすかいぶぉすかぶぉすかぼす

    となったのが由来とか(笑)

    すだちとの違いは?

    すだちとの大きな違いは、大きさ生産地です。

    すだちは、ゴルフボールくらいの大きさですが、
    かぼすは、テニスボールくらいあります。

    あと生産地が、九州は大分県

    null

    こちらも、流通している9割以上が、
    大分県から出荷されています。

    味はまぁ、すだちと似ているのですが、
    香りは、かぼすの方が少しマイルドという声が多いですね。

    ただ、一番大きな違いはやはり、サイズの部分。

    汁も皮も大きいので、カボスの場合、

  • 実を絞ってジュースにしたり

  • 皮をお風呂に入れて香りを楽しんだり


  • と、さまざまな利用ができるのも特徴ですね(^^

    かぼす酢(言いにくい!)、なんてもの有名ですよね。
    キュウリやわかめの酢の物にしてもおいしそうです♪

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は、すだちとかぼすの違いについてまとめました。

    見分け方はカンタンですね(^^

    大きさを見ればイッパツです。


    すだちはゴルフボールくらいのコロコロした果物で、
    かぼすはミカンが少し縦長になったくらいのサイズです。

    しかし、味については結構、似ているんですね~。

    香りは比べるとやはり違いがあり、
    それぞれ独特の風味があるようです。

    こんどすだちが届いたら、
    かぼすも買ってみて、比べてみようとおもいます♪(^^
    (※すだちはスーパーで買わないというw)

    2つの違いを表にまとめましたので、
    よろしければご参考ください。

    すだち かぼす
    特産地 徳島 大分
    サイズ ゴルフボール級 テニスボール級
    重さ 30~50g 100~150g
    栽培開始 江戸時代 昭和46年以降

    最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ