信用金庫と銀行の違い!就職先として考える場合は?

Sponsored Link




よく知っている知り合いの息子が大学生なんですけど、
この間、就職活動を開始したみたいなんですよ。

null

ちょっと質問したいことがあるって言われたので、
話を聞いてみたんです。

その話っていうのは、どうやら現在彼は、
金融業界への就職を考えているようで、

信用金庫と銀行の違い

について聞かれたのですが、
うまいこと答えられませんでした(^^;

その場では、

規模が違うんだよ~

なんて、それっぽいことを答えたのですが、
よくよく考えたら、はっきりとワカラナイ(笑)

これって知らないと社会人としても、ちょっとアレだな、
と反省して、後でこっしょり調べてみました。

就職活動中の知り合いの息子へのアドバイスも
まとめておきましたので、参考にしてくださいね( ̄- ̄)ゞ

それではどうぞ~。


Sponsored Link





信用金庫と銀行の違い


信用金庫と銀行の違いを大きく分けると以下の2つでした。

  • 目的

  • 法令


  • ですね(^^

    このままでは何もわからないので、
    それぞれ、もう少し詳しくみていきましょう~

    目的


    まずは、それぞれの目的から。

    銀行の場合

    銀行は「株式会社」で目的の主軸は、
    他の会社と変わらないお金を稼ぐことです。

    株式会社なので株主がいて、その銀行のトップは会社を組織し、
    お金を稼いで株主に利益を還元するわけです。

    わたしたちは銀行にお金を預けていますよね?

    その集めたお金を会社などの企業に貸し出して、
    返してもらうときに利子をつけてお金を稼ぐのです。

    信用金庫よりも規模が大きく全国展開が可能で、
    貸付先も大企業が多いのも特徴ですね。

    また、銀行では個人向けの貸付事業も行っています。
    街中でよく消費者金融の看板を見かけますよね。

    メジャーな消費者金融会社の多くは、
    大手の銀行が親玉なのです(^^

    三菱東京UFJ = アコム
    三井住友銀行 = プロミス
    新生銀行 = レイク

    対個人でも対法人でも、基本的にやることは同じで、必要な人にお金を貸して、
    そこから返してもらう時に利子をつけ、収益を得るのが目的です。


    null

    信用金庫

    対して信用金庫は、地域の繁栄を図る相互扶助を目的としています。

    なので、地域に密着しており、銀行のように自由に
    全国各地に支店を持つことはできません。

    お金の貸付も会員制になっていて、
    その地域以外の会社にはお金は貸せない仕組みになっています。

    名目上はあくまで、その地元で資金を必要とする企業や人に対して、
    足りないお金を援助するという、協同組織の形態をとっているのです。

    そのため、銀行よりも規模が小さくなり、
    預った資金も、その地域の発展に活かされます。

    信用金庫の場合は、信用金庫法のもとに設立される、
    法人ではあるのですが、あくまで非営利組織なのです。


    非営利組織といっても、お金を稼がないと運営できないので、
    利益も出しますし、お給料もちゃんとでます。

    Sponsored Link


    法律


    次は、法律の違いについてみてみましょう。

    ウチは銀行です!

    と名乗る時に法律で決まっているのは、まず名称ですね。

    会社の商号を付ける時に、名称に「銀行」が入ってないとダメです。
    逆に、銀行じゃないのに、銀行の名称を商号に入れるとNGを喰らいます。

    同じように信用金庫も、商号中に金庫という文字を用いる必要があります。

    そのほかの条件としては、貸付金額の上限ですね。

    信用金庫の場合は、出資の上限額が一億円までとなっています。

    貸出先の会社にも条件が付いており、同じ地域でなければいけないほかに、
    従業員300人以下または資本金9億円以下の事業者のみとなっているのです。

    これに対し、銀行は貸付金額についての制限はありません

    これらのことがそれぞれ、以下の法律で決められています。

    信用金庫法
    銀行法

    信用金庫と銀行の目的と法律の違いついては、
    これでOKですかネ(^^

    では次に、就職先として考えた場合に、
    どのように違ってくるのかをみていきましょう。

    就職先として考えた場合の信用金庫と銀行の違い


    転勤があるかないか

    信用金庫の場合、先の説明のように、その地域の経済を
    活性化するのが目的であるため、基本的に転勤はありません

    対して、銀行は信用金庫のような地域縛りがないため、
    全国各地にいつ新店舗ができたり、統合するかもわかりません。

    それに伴い、ずーーーっと同じ場所で働くというのは、
    考えにくい職場環境となります。

    長年勤める内で転勤は、ほぼ確実にあると考えておいてよいでしょう。

    給料はどちらが多いのか

    給料に関しては、「規模」という面で銀行のほうが大きくなりますので、
    それに伴い、給与も信用金庫より、銀行のほうが多くなることが多いですね。

    また、扱う金額が大きくなるため、銀行のほうが、
    働く環境がキビシイことのほうが多いようです。

    じゃあ、信用金庫のほうが緩いのかというと、
    それも社風によって大きく変わってきます。

    ガツガツ営業をかけるところもあれば、
    地域が潤っているので自然に儲かっていて、
    のほほんとしたところもあるでしょう。

    もともと信用金庫は、地域の活性化を名目とした非営利団体ですが、
    お金を稼がないと、給料も上がらないし食べていけません。

    なので、主目的は違えど、働いている人やお金を借りる人からすると、
    やってる業務自体は、銀行とほとんど変わらない、
    というのが実情のようですね(^^;

    null

    安定しているのはどちらか

    信用金庫と銀行でどちらが安定しているかについては、

    銀行!

    と、言いたいところですが、そうとも言い切れません(^^;

    メガバンクでも統合されるご時世ですし、
    何を持って安定しているかも視点によってかわります。

    たとえば信用金庫で考えた場合も、
    人口の過疎化が続いている地域だったらどうなるか。

    信用金庫もお金を貸してナンボの商売ですから、
    その地域にある中小企業が減っていけば、当然苦しい。

    逆に、これから人が集まっているところに作られた、
    人気の町にある信用金庫なら、

    実はキャッシュが焦げ付いている銀行よりも、
    よっぽど安定しているといえるでしょう。





    とまぁ、就職を考えた場合に信用金庫と銀行で、
    どう違うかと言ったら、こんな感じでしょう。

    ただし、これはあくまで環境面でのお話なので、
    本当にフォーカスしなければいけないのはここではありません

    Sponsored Link


    就職は業種や条件ではなく動機や目的で選ぶべき


    息子さんに私はこう尋ねたんです。

    なんで金融業界を就職先に選んだの?

    そしたら、回答はこうでした。

    他業種より給料がよさそうだし、安定しているから

    うーん。

    私からすると、それってちょっと違うと思うんですよね。

    まぁ、まだ正社員として働いたことがない人が、
    何も経験がない状態で、

    どれかの仕事を選択せよ

    って言われても、難しいのはわかるのですが。

    これから社会に出たら、30年、40年っていう、
    長~い時間を会社で過ごすわけです。

    そう考えた時に「お金のために」っていう考え方で就職すると、
    モチベーションが続かないし、何よりつまんないと思うんですよね。

    なので、フォーカスすべきは、業種や条件など、
    相手」のことじゃなくて、

  • 興味があること

  • なりたい自分

  • やりたいこと

  • 好きなこと


  • など、自分を軸にするべきであって、

    職場は自分がやりたいことをできる自己実現の場


    と考えたほうが良いと思うんですよね~。

    働いたことがないのに、自分の天職を見つけるなんて、
    9割以上の人が不可能なことなわけですし。

    仮定でもいいので、目標設定や、やりたいことを見つけて、
    それに合わせて職場環境をマッチさせていく。

    そして、働いていく上で、思ったことや感じたことに合わせて、
    未来の自分を軌道修正をしていけば良いわけです。

    null

    なので、就職活動中に「給料」とか「安定」っていう
    キーワードが自分の中で出てきたら要注意。

    そこを軸に就職活動をしてしまうと、
    すぐに現実とのギャップが生まれてしまいます。

    ギャップがある状態で入社できたとしても、

    こんなはずじゃなかった

    なんて話になりやすいんです。

    でも、「なりたい自分」をにしていれば、
    職場はなりたい自分になるための、手段でしかないわけです。

    その軸がぶれてないほうが結果的に、
    面接する人からしても魅力的な人として見られると思いますよ。





    この部分については、知り合いの息子さんに話したところ、

    自分がどんなことに興味があるのか、
    もう少し他業種も含めて調べてみます。

    とのことでした。

    うんうん。がんばれ!若者よ(*゜∀゜)b

    Sponsored Link


    まとめ


    いかがでしたでしょうか。

    今回は、信用金庫と銀行の違いについて、
    自分なりにまとめてみました。

    就職先として考えた場合も、
    確かに信用金庫や銀行は魅力的かもしれません。

    でも、会社や組織って本当に個性的です(笑)

    一般的に超キツイといわれる業種であっても、
    トップの考え方ひとつで夢のような職場だったりもします。

    またその逆もしかり。

    金融業界だから。っていうのは就職の理由にならないんですよ。
    興味を持って調べるのは全然いいんですけどね。

    業種、業態、給与、などの条件面ではなく、

    もし気になった会社を見つけたのであれば、その会社の

  • やっていること(事業内容)

  • 過去に行ったこと(沿革など)

  • 大事にしていること(企業理念)

  • 経営者の考え方(代表者メッセージ)

  • 業績とその推移(IR情報)


  • などを、あらゆる手段を使って、その会社がどういう会社なのかを、
    可能な限り徹底的に調べ上げてみましょう。

    きっと、何か見えてくるものがあると思います。

    会社だって、人の集まりなので、

    どーしよーもないヤツ(会社)もいれば、
    スゲーいいヤツ(会社)もいるんです(笑)

    よくよく調べたうえで、気になること気に入った部分があって、

    話をしてみたいな

    と、思う部分があるのだったら、
    面接に臨んでみたらよいのではないでしょうか。

    null

    今回紹介した信用金庫と銀行の違いについては、
    こちらの一覧表にもまとめておきますので、
    よろしければご参考くださいね!

    信用金庫 銀行
    目的 地域活性化 利益追求
    規模 地域 全国
    商号 「信用金庫」を入れる 「銀行」を入れる
    株主 いない いる
    融資対象 地域会員向け だれでもOK
    預金対象 だれでもOK だれでもOK

    最後までお読みいただきありがとうございました!
    (`・ω・´)

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ