生クリームとホイップの違い!料理やケーキにはどちらを使うべき?



ケーキやお料理によく使う生クリームホイップ

なんとなく好みで使ったりしていますが、
この2つの違いってイマイチわからなかったりしますよね。

null

確かにスーパーの売り場に行ってこの2つの裏面の商品名をみると、
生クリームには「クリーム」と明記されていますが、
ホイップにはクリームの文字は見当たりません。

え?商品名が違うだけで中身は同じものなんじゃないの!?

と驚かれた方もいるかもしれませんね。
(;´▽`A“


では、実際になにがどう違うのか。

今回はいまいち分かりにくい生クリームとホイップの違いを紹介していきましょう!

実は・・・

決定的な違いがあったのです!


Sponsored Link





原料の違い


まず、原料の違いからみていきましょう。

ポイントは、

原料が「動物性」か「植物性」か


という部分。


一般的に「生クリーム」と表記して売られているものは、
牛乳から取った動物性の脂肪分を使っています。

一方、「ホイップ」と表記されているものは乳脂肪に似せた植物性の原料で作られているのです。

バターとマーガリンの違いのように捉えて貰うと分かりやすいかもしれません。


なぜこんなややこしい表記になってしまうかと言うと、

    乳脂肪を18%以下で、添加物や植物性油脂を含んでいるものは「クリーム」という表記で販売してはいけない。

という決まりがあるからなんです。


なので比較的安価な植物性のクリームは生クリームとは名乗れないため、
ホイップ」として販売されているのです。

料理材料としての「ホイップ」

話をややこしくしているのが、泡立てた生クリームの「名称」ですね。

原料にかかわらずクリームを泡立てて”ホイップ”したものは一般的に、ホイップクリームと呼ばれています。

これは、あのふわふわになった生クリームやホイップを、料理やお菓子の材料に使う時の名称
なので、商品として棚に並ぶ際の商品名(内容)とは明確に区別する必要があります。

Sponsored Link


味の違い


原料が違うにしろ、結局どっちもクリームなら何を使っても同じじゃないの?

・・・と思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。
どちらを選ぶかでクリームの味は大きく変化します。

具体的にどのような違いがあるのかとみてみましょう。

生クリーム

まず「生クリーム」の方は牛乳から作られた混じり気なしの乳脂肪分。

なので、濃厚でコクがあり、

これぞ生クリーム!

という贅沢な味わいのクリームです。
ホイップすると滑らかで艶があり口どけも豊かですよね♪

ホイップ

対して植物性の「ホイップ」はさっぱりとした味わいが特徴で、コクや濃厚さは「生クリーム」に劣ります。

しかし分離しにくいので時間が経っても劣化しにくい特徴があります。
あっさりした味が好みな方や、乳製品特有の牛乳臭さが苦手な方には向いているでしょう。

Sponsored Link


それぞれの適した使い方は?


それぞれどのような使い方ができるのでしょうか。
次は、それぞれの適した使い方をみてみましょう~。

ケーキの場合

ケーキにクリームを使いたい場合は生クリームとホイップ、どちらを使ってもOKです。
ただし、出来上がった時の風味日持ちに違いが出てきます。


生クリームの場合は独特の風味がしっかり効いているので、生クリーム本来の味を楽しむことができます。

対して、ホイップの場合はタンパクな味わいとなりますが、
あま~いクリームにする場合はあまり風味は関係なくなってきます。
なので、安価なホイップを使っても問題ありません。

また、ホイップクリームの方が生クリームに比べて日持ちします。

作ってその日中にすぐ食べるのではなく、パーティの為のケーキを先んじて作っておく場合などは、ホイップを使った方が味が落ちにくいのでおすすめですね。

生チョコ

生チョコを作る場合に使う材料としておすすめなのは生クリームです。

なんてったって生チョコの「生」は生クリームの「生」ですからね~。
(・∀・)

先述したように、ホイップは植物油を泡立てて作ったクリームの代用品。

乳化剤」や「安定剤」も入っているので、
風味を活かすのであれば生チョコにはやっぱり生クリームを使いたいところです。

とはいえ、ホイップでも生チョコは作ることは可能。
ですが、風味はやはり生クリームの方が上になります。

クリームパスタ

null

クリーム系のパスタには濃厚な「生クリーム」を入れることも多いですよね。
味に深みが増してコクもアップします!

おいしさを追求すると生クリームの方がおすすめとなるのですが、ホイップを使う場合のメリットもあります。

というのも、カロリーの点では「ホイップ」の方が低いので、

ダイエット中だし、今日はさっぱりめのクリームがいいな

というときは植物性のホイップを使うというのも選択肢としてアリですね。

Sponsored Link


まとめ



今回は生クリームとホイップの違いについて紹介しました。
なんとなく「こってりとあっさりの違い?」程度かと思いきや、大きな違いがありましたね。

生クリームの方は牛乳の脂肪分を使っているので濃厚でコクがあり、
しっかりと生クリームの味を楽しみたい時におすすめです。

対してホイップは生クリームの代用品として作られており、原料には植物性の脂肪が使われています。
生クリームと比べて味わいは落ちますが、乳臭さがない、あっさりしている、値段が安い、などのメリットもあります。

また、「乳化剤」や「安定剤」などが含まれいているため、生クリームより日持ちするというのも特徴の一つですね。

それぞれに一長一短ありますので、用途に応じてうまく使い分けると良いでしょう~。

生クリーム ホイップ
原料 乳脂肪のみ 植物性脂肪、乳製品、乳化剤、安定剤
日持ち 10日程 1ヶ月以上
風味 豊か、こってり あっさり
値段 300円前後 150円前後
 

今回は以上です。
参考になりましたら幸いです(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事

コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ