シャベルとスコップの違い!関西と関東で呼び名が違う!?JIS規格だとどうなの?

Sponsored Link




公園の砂場でおやま作り。

トンネルを掘ったり、山を作ったり。
誰しも、子供のころにやったことがあるのではないでしょうか。

ところで、あの砂場で遊ぶ時に使う、砂をかく道具。

あれって・・・・

スコップなの?
シャベルなの?

null

似たような形状と用途であるにもかかわらず、
人によって呼び方が違うものってありますよね。

あなたは上の写真を見た時にどちらだと思いましたが?

スコップ?
それともシャベル?

どちらでも正解ではあるのですが、
なぜ人によって認識がちがってくるのでしょうか。

いや、実はそもそも意味や定義も違うの!?

と、いうことで!

今回は、スコップとシャベルの違いについてまとめました。

それではさっそくみていきましょう~。


Sponsored Link





シャベルとスコップの語源について


まずはそれぞれの語源を調べてみることにしましょう。

それによって形状や大きさから二つを区別するヒントになるかもしれませんし。

ではいきます!

    シャベルの語源

    シャベルとは英語の”Shovel”が語源

    スコップの語源

    スコップとはオランダ語の”Schop”が語源

・・・・なんと調べてみてもこれだけしかわかりません。


唯一の違いと言えば英語オランダ語からそれぞれの言葉が日本に入ってきたということだけでしたね。

語源によってわかったことは以上になります。

気を取り直してこれからもっとはっきりとした違いを紐解いていきますよー

Sponsored Link


シャベルとスコップの違い


さて、先ほどは語源からスコップとシャベルの違いをみてみましたが、
日本ではそれぞれをどのように定めているのでしょうか。

この判断には、

JIS(ジス)規格


というものを使います。

このJIS規格は簡単に言うと

国家が定めている製品の形状、大きさ、名称のこと


ですね。(^^

例えば、何か物を修理しようとしたときにそれぞれの企業が好き勝手な形や大きさでネジを作っていたらどうなるか。

  • 合ったネジを探すのが面倒くさい

  • 合わないネジを代用してしまったら止めてる部分が不安定に


  • など、このような状況を避けるためです。

    標準化というやつですね。

    さて、ではこのJIS規格。

    シャベルとスコップはそんな安心なJIS規格によってどのように定められているのでしょうか。

    みてみましょう!

      シャベル

      上部が平らで足をかけて押せるもの

      スコップ

      上部が曲線状で足をかけられないもの

      null


    おおーなるほど。

    足をかけられるかかけられないか!

    これははっきりとイメージも付きますし正解と言えるかもしれないですね!

    でもちょっと待ってください。

    違うよ、これ逆だよ!

    って思う人が中にはいるはずです。

    「そもそもJIS規格なんて知らないし」

    というのが正直なところでしょう。

    そんな納得いかないよという人のために続いては地域による呼び方の違いについて紹介していきます。

    Sponsored Link


    関西と関東で呼び名が違う?


    関東関西ではどのようなものがスコップでどのようなものがシャベルなのかについて紹介していきます。

    これは非常に簡単。

    関東では、

    大型のものを「スコップ
    小型のものを「シャベル

    関西では、

    大型のものを「シャベル」
    小型のものを「スコップ」

    と呼ぶそうです。

    なので、関東では足をかけられるものでも大型であればスコップと呼ぶ。

    ということですね。
    逆もまた然りです。

    JIS規格と合わせて考えるとややこしくなってしまいますよねー

    関西と関東では呼び方が逆転する


    が一番いい覚え方ですね!

    Sponsored Link


    まとめ


    今回はスコップとシャベルの違いについて紹介しました。

    結論から言いますと、シャベルとスコップの呼び名の違いの謎には、

  • 由来による違い

  • JIS規格による違い

  • 地域性による違い


  • の3つがありました。

    どれも間違いではないのですが、
    それにしてもヤヤコシイですね~。
    (^^;

    シャベル スコップ
    語源 英語の”Shovel” オランダ語の”Schop”
    JIS規格 上部が平らで足をかけて押せる 上部が曲線状で足をかけられない
    地域性(関東) 大型のもの 小型のもの
    地域性(関西) 小型のもの 大型のもの

    null

    さて、あなたはどちらの方でよんでいましたか?|・ω・)

    今度、知り合いの人にどっちでよんでいるのかを聞いてみるのも面白いかもしれませんね。

    意外な答えが返ってくるかもしれませんよ。(^^

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ