歌うと唄うの違い!使い分け方法は?どういうときに唄うを使う?

Sponsored Link




「うたう」を漢字で表現すると普通は、

歌う

ですよね。

マイクを持って「うたう」

でも、「うたう」って漢字は他にいろいろ表現があります。

たとえば、

    「唄う」
    「謡う」
    「謳う」
    「詠う」

などがあります。

では、どういう場合にこの

「うたう」

使い分けられるのでしょうか?

この中でも、「歌う」と「唄う」は、同じ

フンフ~ン♪

と、楽しげにうたうという、同じ意味に思えますよね?(^^;

今回はこの「うたう」の違についてみていきたいと思います。

さっそくみていきましょう~。

Sponsored Link





歌うと唄うの違い


まず最初に、「歌う」と「唄う」の違いについて、
辞書で確認すると解決が早いのではと考えました。

まず意味については、

  • 1. 音楽的な高低・調子などをつけて発声する。

  • 2. 詩歌に節をつけて朗読する。

  • 3. 鳥がさえずる。鳴く。


とあります。

「歌う」・「唄う」のどちらとも、
音楽やリズムに関係していることが分かります。

さらに調べてみると、

    「歌う」は辞書にあった1~3の全般的な意味で使われること。

さらに、「唄う」については「歌う」と同様に、

    1~3の全般的な意味を指すものとされたり、
    民謡などの語り口調のものに限定して使用される。

という言い方もされています。

なかなかに曖昧な表現ですよね(^^;


では、なぜ「歌う」と「唄う」、
2種類の表現が存在するのでしょうか。

子供が楽しげに「うたう」

その答えは、上記からの情報により私が思うに、

歌う:西洋的
唄う:日本的

という違いですね(^-^)h

つまり「歌」というのは、いわばメロディーなんですよ。

対して、「唄」というのは、もっと原始的な、
節をつけてことばを発するという意味になります。

日本に、ト音記号だ、8分音符だというのが輸入されたのは、明治以降のごく最近のこと。
それまでは、ドレミファソラシドではなかったんですよ(^^;

なので、ドレミファソラシドでメロディーが作られている音楽をうたうときは、

歌う

という漢字を使い、

対して、大衆の間で伝承されたり、創作されたような、
原始的な節と言葉を発するようなものは、

唄う

と表現されています。

もちろん、歌を唄うという表現もできないことはないですが、
その場合にイメージされるのは、ドレミファソラシドの音階ではない、
「なにか」のようなものをイメージしてしまいます(^^;

Sponsored Link


「唄う」の使い方は?


では、「唄う」の使い方はどうなるか疑問が浮かんできませんか?

実際にどういう場合に「唄」を使うかをみてみましょう。

「唄・唄う」が使われるシチュエーション

  • 唄うたいの○○

  • 町ではやった小唄(明治維新時など)

  • 鳥が唄う


  • いくつか上げてみましたが、「歌う」よりも、
    ちょっと特殊な使い方をしているのが分かりますよね。

    なので、「唄う」という漢字を使う場合は、

    メロディーに沿って歌うというよりも、
    もっと情緒的で、庶民的、原始的な意味で使われます。

    ・・・・・・・・

    今では、この「唄う」の使い方はせず、
    ほとんどが「歌う」の方が使われます。

    もしこの「唄う」をあえて使う場合は、

  • 音階ではないもので何かを「うたう」ことで表現したい場合

  • 小説やキャラクター設定など、少し情緒的に「うたう」を表現したい時


  • などに使われ、通常時だと「歌う」が使われています(^-^)h

    Sponsored Link


    他の「うたう」


    いちおう、「歌う」と「唄う」以外の「うたう」もまとめました!

    謡う

    これも、節をつけて言葉を発する、「うたう」ですね。
    熟語で「民謡」といったりしますよね。

    ただ、「唄う」が大衆的なものなのに対して、
    「謡う」はちょっと文学的なイメージととなります。

    「唄う」場合は、どう唄おうが自由ですが、
    「謡う」場合は、いくつかのルールが存在します。

    例)民謡の音階ルール

      ヨナ抜き長音階

      音階がドレミソラドになる。
      ドを中心に、完全4度上のファ、長7度上のシが抜けている。

      ヨナ抜き短音階

      音階がラシドミフィラになる。
      ラを中心に、完全4度上のレ、短7度上のソが抜けている。

      律音階

      音階がドレファソラドになる。

    このように「謡う」の場合は、昔にうたわれた歌や、
    伴奏無しで歌われるものに対して使われます。

    詠う

    和歌短歌を詠むときに使われます。

    言葉だけの調子で音楽的な要素がない場合もあります。

      謳う

      ほめたり、主張したりする場合に使う。

      「らんらららん♪」といわゆる「うたう」行為には、
      この謳うは使われない。

      例)

    • 新製品の効力の高さを謳う

    • 説明書で○○できると謳っている


    Sponsored Link


    まとめ


    今回は「うたう」の違いについて紹介しました。

    基本的に「唄う」という表現は今は使われませんし、
    公的な文章や、普通の文章を書くときには「歌う」を使うのが正解です。

    ただ、「唄う」というフレーズには、
    どこか昔ながらの懐かしいイメージがあります。

    夕焼けの田んぼ道をお母さんが赤ちゃんを背負って、
    赤ちゃんのためにうたってあげる。

    そんな場合は、「唄う」を使いたいですよね(^^

    ゆうやけのなかのたんぼ

    そういえば、「こもりうた」も、
    「子守歌」より、「子守唄」と書いたほうがしっくりきますよね。

    昔からある日本古来の表現である「唄う」。

    あまり使われなくなりましたが、
    こういった漢字や意味は大切にしていきたいものです。

    今回は以上です。

    参考になりましたら幸いです(*゚ー゚*)ノシ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ