志向と指向の意味の違いは?思考との違いもチェック!

Sponsored Link




健康志向やブランド志向など「志向」という言葉や漢字を使う場面ってありますよね。

しかし指向性マイクなどに用いるのは「指向」というまた違った漢字です。

そうなってくると、

「志向」と「指向」ってどう違うの?
どうやって使い分けたらいいの?

って悩んじゃいますよね・・・。

null

今回は「志向」と「指向」の違いや、
また「思考」との使い分けなどを紹介していきましょう。

Sponsored Link





志向と指向の違い


志向という言葉は「ある方向・目的を目指す」という意味合いで用います。

    「健康志向」
    「ブランド志向」

などがこれに当てはまりますね。



一方、指向という言葉もまた、

    「ある方向・目的を目指す」

という意味合いです。

例としては「指向性マイク」などが挙げられるでしょう。



ええ!どっちも一緒なの?」って思いますよね(-_-;)

しかし「志向」の方は「気持ちや考え方」に関する表現が多いので、
表現の違いとしては

    志向

    気持ちや考えなど、精神的な表現をするときに用いる。

    指向

    物理的な方角や目的を表すときに用いる。

といった違いが出てきます。

Sponsored Link


「プラス思考」と「プラス志向」


意味の違いはわかったものの、漢字の使い方でちょっと悩んでのが、

プラス思考」と「プラス志向

皆さんは普段どちらを使っていますか?

null

志向」はきもちや考えがその方向を目指すことで、
思考」は漢字そのまま、思って考えることです。

なので、実は「プラス思考」でも「プラス志向」でも間違いではないのです。

でも「プラス志向」って言葉はあんまり見覚えがないですよね。
雑誌やテレビなどでも「プラス思考」の方を使う場合が多いと思います。

辞書で調べたところ、載っていなかったのですが、
「プラスしこう」という言葉は、

ものごとを何でもいい方向に思い、考える


ことなので、今のところ「プラス思考」の使い方のほうが優勢のようです。

Sponsored Link


例文をチェック!


ではここで例文をチェックしていきましょう。

志向」という漢字は

    「彼女はブランド志向」
    「健康志向のカフェ」
    「上昇志向の傾向がある」

などの例文に当てはまるでしょう。

考えや気持ちなどの表現で用いる場合が多いので、
「思考」とやや似通るところがあります。

ちょっと分かりにくいですが、

「志向」はこころざす、目標という意味合いが強く、
「思考」は単純な考え、気持ちを表す。


と覚えておくと良いかもしれませんね。


指向」という漢字は

    「指向性アンテナ」
    「輸出先として指向する
    「探知機が発信源を指向する」

など、物理的な目的や方向を指すときに用います。
精神的な心向きでは用いないので「思考」との違いは分かりやすいですね。

Sponsored Link


まとめ


今回は「志向」と「指向」の違いや、
また「思考」との使い分けを紹介しました。

「志向」は精神的な向き、
「指向」は物理的な向きと考えると分かりやすいですが、
「思考」との違いもありなかなか難しいですね。

「思考」は概念や推理などの場合に使うことが多いので、
前後の文章を考えてみるとわかりやすいと思います。

今回は以上です。
参考になりましたら幸いです(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事



コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ