基点と起点の違い!正しい意味と使い分け方法とは?

Sponsored Link




基点起点

この2つは何が違うのでしょうか。

どちらも、「ここから始まる」という意味に取れますし、
読み方も同じ「きてん」ですよね。

null

たとえばビジネスなどで、「ここがキテンとなる」といった場合に、
基点と起点、いったいどちらの漢字を使えばよいのでしょうか。

今回は、似ていることば、
「基点」と「起点」の違いについて紹介します。

まずはそれぞれの意味からチェックしていきましょう。


Sponsored Link





基点の意味


基点とは、距離や位置などを測る際の基準となる点を意味します。
計測や作図などでも使うことばとなります。

また物事の基本となる点を意味するので、
考えや行動のもととなっているものという意味もあります。

起点の意味


起点とは、物事が始まるところ、出発点という意味です。

null

主に鉄道や道路、地図などの出発点を意味することが多いですね。
また、物事の第一歩、始まりという意味があります。。

Sponsored Link


基点と起点の違い


意味もちょっと似ていましたね。
では、次にそれぞれの違いについてチェックしていきましょう。

基点は物事の基本となるもの、場所をあらわす言葉。

基点については、「基準」「基盤」と言った意味合いが強く、
どちらかというと、中心点のことを言っています。

たとえば、最初の例ビジネスの例で、

「ここが基点となる」

と言った場合は、会社の本社であったり、
行っているビジネスの要であったり、
基準となっている場所のことを指します。


対して起点は物事の始まりとなる点のことを言います。

何かをする場合の出発点となるので、
対義語は終点となります。

こちらも先ほどのビジネスで使う例を挙げ、

「ここが起点となる」

と言った場合は、これから新しいビジネスを始める時の出発点や、
新たな営業所を作って、ゼロからがんばる場合に使うことができます。

Sponsored Link


正しい使い分け方法とは?


次に、それぞれの言葉のもう少し具体的な
使い分け方法についてみてみましょう。

基点という言葉は物事の基本、計測や作図の際に
もととする点や場所をあらわす言葉。

なので使い方としては、

    「この地区を基点として新しい地図を作って欲しい」
    「この会社は日本を基点として輸入産業をしている」
    「自分の立ち位置を基点とすれば、おのずと周りが見えてくるだろう」

というように使います。

一方、起点というのは終点に対し、
始まりとなる点を指すの言葉。

なので使い方としては、

    「国道の起点と終点」
    「10時を起点として業務時間がカウントされます」
    「このビジネスをわが社の新たな起点とする」

というように使います。

ちなみに、

「このビジネスをわが社の新たな基点とする」

ということもできますが、この場合は、

今、基盤としているビジネスは置いといて新しいビジネスを展開する

のようなイメージになりますね。
つまり、ビジネスの鞍替えに近くなると思います。

Sponsored Link


まとめ


今回は基点と起点の違いについて紹介しました。

似ている言葉ですが、

基点は、

  • 物事の基本となるもの

  • 考えのもとになっているもの


  • という意味で、

    起点は、

  • 物事の始まり


  • を意味しています。

    少し分かりづらいですが、

  • 基点は基本という意味

  • 起点は始まりという意味


  • と、捉えておくとよいですね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ