強硬と強行の違い!「きょうこう手段」はどっちの漢字を使う?

Sponsored Link




強硬強行

どちらも「きょうこう」と読みますし、意味もなんだか似ていますよね。

たとえば、強引な方法で物事をすすめるとき。

  • 強硬手段

  • 強行手段

  • という言葉のどちらを使うのが正しいのでしょうか。

    null

    同じ意味?

    いやいや、どうでしょう。

    ということで!

    今回は、「強硬」と「強行」の意味の違いや使い分け方法についてまとめました。

    さっそくみていきましょう。

    Sponsored Link





    強硬と強行の意味の違い


    まずは、意味の違いからチェックです。

    漢字の見た目から受けるイメージが似ているだけに、使い方に迷ってしまいますよね。

    でも、よく見てみると、強硬と強行。
    このふたつの単語は、品詞活用のしかたが違います。

    品詞でいうと、

      強硬

      名詞。形容動詞。

      活用は形容動詞:強硬な、強硬だ。等

      強行

      名詞。

      活用は動詞:強行する。

    もう少し具体的に言うと、形容動詞は「~な」という形になって動詞や名詞を形容(説明)します。

    一方の名詞は、単語そのものの形が変化しません。

    決定的な違いはここですね。
    (^-^)h

    つまり、「強硬な」とは言えても、「強行な」とは言えないのです。

    Sponsored Link



    角度を変えて、意味の面から考えてみましょう。

    辞書でチェックしてみると、強硬の意味は…

      強硬の意味

      自分の立場・主張を強い態度であくまでも押し通そうとすること。

      また、そのさま。

    とあります。

    対して強行のほうは…

      強行の意味

      無理を押しきって強引に行うこと

    という説明です。

    null

    大ざっぱに言うと~、

    強硬のほうはその主張や行為に対しての態度が問題にされ、
    強行だと「行為をやり遂げるという行動にポイントが置かれています。

    たとえば、

    採決を強行する

    では採決を行うために強引な方法をとる「行動」にフォーカスされており、

    採決に強硬に反対する

    だと、採決に反対する「態度・姿勢」がフォーカスされています。

    この微妙な違いが日本語の面白いところですね。
    (^^ゞ

    Sponsored Link


    強硬手段と強行手段について


    さて、では次にもう少し具体的な単語を使って比較してみましょう。

    たとえば・・・・

    強行手段強硬手段

    どちらもニュースや新聞で見かける言いまわしですが、
    実際のところどちらが正しいのでしょう。

    ここでちょっとおさらいです。

    品詞で分けると、強行は名詞。
    強硬は形容動詞でしたね。

    それを踏まえたうえで、この2つの言葉をみてみましょう。

    強行手段の場合

    手段を強行する

    と置き換えるとなんだか少し違和感を感じますよね。

    手段は方法であって行うものではありません。

    強行する手段

    と言い換えてもなんだかちょっとヘンですね。

    ということで、「強行手段」は普通に使われてはいるものの、
    ちょっとヘンな日本語、ということになりますね。(^^;

    使われている意味からすると、

    強引な手段を使って物事を進める


    といった感じでしょうか。

    強硬手段の場合

    一方、強硬手段のほうはどうでしょうか。

    さきほど「強硬」は形容動詞として使えるという話がありましたね。

    強硬の場合は以下のような活用ができます。

  • 強硬な

  • 強硬だ



  • つまり、今回であれば、

    強硬な手段

    と、言い換えることができます。

    強硬の反対語は「軟弱」とあらわすこともでき、
    強気な態度を示しています。

    なので、こちら場合は、

    強気な立場を手段としてとる


    といった意味として問題なく使うことができます。

    強行手段との違いは、前者が行為、行動を手段として使うのに対し、
    強硬手段は、軟弱ではない強気な態度を手段として使っているところですね。

    強行手段は、こちらから相手に向かって行う行為、
    強硬手段は、むこうから来るのを受けて立つイメージとなります。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は強硬と強行について、文法と意味の面から紹介しました。
    ざっとまとめると以下のようなイメージとなります。

    強行 強硬
    品詞 名詞 名詞、形容動詞
    活用 動詞 (強行する) 形容動詞 (強硬な、強硬だ)
    意味 行為/行動 態度/スタンス
    対義語   - 軟弱


    まぎらわしい言葉でも、語源やそもそもの意味をていねいにたどれば、やはり違いがあるものなのですね。

    文章を書いている時などに、どちらの「きょうこう」を使えば良いのかわからなくなってしまった場合は、今回紹介した内容を思い出してみてくださいね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ