インチとセンチの違い!変換するとどれくらい?換算表も作ったよ!

Sponsored Link




長さを測るときに使われるセンチメートルと、
テレビ画面のサイズ表示などでよく見かけるインチ

同じ長さを測る単位なのに、
なぜ複数の表現の違いがあるのでしょうか。

世界各国で統一してくれればいいのに。

と、テレビやタイヤのサイズを見るたびに思います。

null

インチといわれても実際何センチなのか、
長さのイメージがつかないですよね。

そんな時に2つを簡単に変換できると便利!

ということで今回はインチをセンチに変換した場合の長さや、
それ以外の長さの単位についての変換表を作成しました。

それではさっそくみていきましょう!


Sponsored Link





インチをセンチに変換してみよう!


インチをセンチに変換するとこのようになります。

1 inch = 約 2.54 cm


逆に考えれば、

1 m = 40 inch


ということになりますね。

つまり、32インチの大画面テレビなら、約81.3cmという意味になります。
ちなみに、この場合のインチ数は、液晶画面の対角線の長さを表しています。

インチの変換法を表にまとめてみました。

インチ 1 10 50 100 1000
センチ 約2.5 約25 約125 約250 約2500
メートル 約25 約250 約1250 約2500 約25000
ヤード 約0.03 約0.3 約1.5 約3.0 約30
フィート 約0.08 約0.8 約4.0 約8.0 約80
マイル 約0.00002 約0.0002 約0.001 約0.01 約0.1

Sponsored Link


インチってどういう場面で使うの?


米国内で開発・設計された工業製品は、インチをベースに寸法が測られています。
テレビや工業用ねじのほか、自転車のサイズも米国ではインチ表示です。

日本ではあまりなじみがありませんが、レターセットの用紙サイズもインチを基準にしています。
身長を表すときなども、5フィート7インチなどと、フィートとセットにして使われることが多いようです。

それだけ、英語圏では暮らしにインチが浸透しているのですね。

日本国内でも、海外製品との互換性確保のため、設計及び製造の段階ではインチによる計測が行われています。

ただし日本では、「計量法」という法律によりインチによる店頭表示が禁止されているため、そのままのかたちでは販売できません。

そこで各メーカーは、ミリメートルなどの単位に直したり、14型や32型など、インチを「型」という表現に置き換えたりして対応しています。

Sponsored Link


重さについても知っておこう!


長さの単位について調べたので、次は重さについて見てみましょう。

米国内でおもに使われているのは、

  • グラム

  • ポンド

  • オンス


  • の3つです。

    なんとなくポンドとオンスは聞いたことがあるのではないでしょうか。
    (^^ゞ

    覚えやすい計算式から先に書いてしまいましょう。

    1ポンド = 16オンス


    おお、わかりやすいですね。(^^

    ちなみに1オンスは約28.35グラム、1ポンドは約453.6グラムなのですが、もっと大ざっぱに、

      1ポンドは500グラム!

    と覚えてしまっても暮らしには困らないようです。

    たった1ポンド違うだけで、500グラムも重さが変わってくる。

    プロボクサーはこのわずかな違いのために、日夜命がけで減量に臨んでいるのですね。

    null

    昔からの素朴な疑問。

    米国ではなぜ、こんなにたくさんの単位が使われているのでしょうか。

    日本のように日常の場面ではメートルやグラムに統一してくれればわかりやすいのに。

    なんて、ずっと不思議に思っていました。

    その理由とは・・・・・。

    メートル法の歴史


    18世紀末のフランスで、

    これからはどの国でも共通で使える単位をつくろうね!

    ということで定められたのがメートル法でした。

    これにより1メートルの長さを決めたことで、単位による混乱がなくなったのです。

    かつての中国でも、始皇帝は真っ先に度量衡の統一を推し進めました。

    また日本でも、豊臣秀吉が全国の田畑の広さの単位を統一することで国をまとめようとしました。

    共通の単位をつくることは、人々をまとめるうえでの第一歩なのですね。
    日本やイギリスは現在もメートル法にしたがっています。

    しかし、なぜか米国はメートル法を好まず、もともと使っていたヤード・ポンド法にこだわりつづけました。

    その結果、米国内ではメートル法があまり浸透せず、さまざまな単位を使い分けることになったのです。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は、インチとセンチの変換法を御紹介しました。

    もう一度おさらいすると、

  • 1 inch = 約 2.54cm

  • 1 m = 40 inch


  • という感じになります。

    それ以外の単位への変換は、途中に載せた換算表を御参照くださいね!

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ