足と脚の違い!使い分けの基準はナニ?あしがだるい場合はどっちを使う?

Sponsored Link






どちらも同じ「あし」という読みであり、
体の下半身の一部、もしくは全体を指す言葉ですよね。

null

しかし、なぜ同じ意味で違う漢字が二つも存在するのでしょうか。

  • どちらも同じなんじゃないの?

  • 一部か全体かで漢字がかわるの?

  • どうやって使い分けたらいいの?


  • などと、考えてみるとちょっと疑問ですよね。

    例えば、

      あしがだるい

    この場合、どちらを使ったら正解なのでしょうか。

  • 足がだるい?

  • 脚がだるい?

  • 並べてみると、確かにちょっとだるい箇所が二つで違うような~。
    でもはっきりどこかはイメージがつかなかったり~。
    (^^;

    と、いうことで!

    今回は足と脚の違いや、漢字の使い分け方についてまとめました。

    さっそくみていきましょう~。

    Sponsored Link





    足の意味


    それではそれぞれの意味をチェックしてみましょう。
    まずは足の意味からです。



    • 1. 動物の胴体から分かれ、からだを支えたり歩行に使ったりする部分

    • 2. 物の本体を支える、突き出た部分

    • 3. くるぶしから先の部分

    ポイントは3番ですね!

    くるぶしから先の部分

    このことから、靴を選ぶときのあしのサイズといえば足なんだなということはわかりますね。

    つづいて脚をみていきます。

    Sponsored Link


    脚の意味




    • 1. ひざから下の足。転じて、足全体

    • 2. ある範囲の下側

    • 3. 支えとなるもの。物事の根拠

    こちらのポイントは1番

    あしの全体を指すときは「脚」という点ですね。

  • あしの先が「足」

  • あし全体は「脚」


  • なるほど、わかりやすいですね。

    上半身に置き換えてみると、

  • 足は 手

  • 脚は 腕


  • といったイメージでしょうか。

    足と脚の違い


    足と脚の違いについてのまとめてみましょう。

    :くるぶしから先の部分
    :あし全体

    もう大丈夫ですね。

    これらをふまえて使い分けのポイントに移っていきましょう!

    Sponsored Link


    使い分けのポイント


    さて、部分的な言葉の違いはいいとしてこれだけでは、

  • あしが速い

  • あしが重い


  • このような言葉の場合、どうやって使い分けるかちょっと悩みますよね。

    これらの使い分けに関してもう一つのポイントがあるのです。

    使い分けのポイント

  • :人の足を使っての移動には足

  • :物体の移動を表す場合は脚


  • このように「人」と「物体」で使い分けを行うことができます。

  • 足が速い

  • 足が重い


  • これらは全て人間の足ですからこちらの「足」が使われます。

  • 椅子の脚

  • 雨脚

  • これらは人間以外の物体ですから「脚」が使われているのです。

    さらに、もう一つ!

    足は「そく」と読むことができ
    脚は「きゃく」と読むことができますよね。

    そのため、

  • :そくと読むものには足を当てる

  • :きゃくと読むものには脚を当てる


  • というルールもあります。

    以上が使い分けのポイントになります!


    さて、では冒頭の、

    あしがだるい


    これに漢字を当てはめてみましょう

    あしががだるいの場合は?


    「あしがだるい」

    といった場合は、どちらの「あし」を使うべきなのか。

    null

    ここまで読んで来たらもうピン!と来ちゃいますよね。
    すなわち、この文章だけでは判断つかないということです。

    足先がだるいのか足全体がだるいのか

    これがわからないといけません。

  • 足先がだるかったら「足がだるい」

  • 足全体がだるかったら「脚がだるい」


  • これが正解となります。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は、足と脚の違いについて紹介しました。

    使い分けのポイントをは以下の通りです。

    箇所による使い分け

  • :くるぶしから先の部分

  • :あし全体


  • 対象による使い分け

  • :人の足を使っての移動には足

  • :物体の移動を表す場合は脚


  • 読み方による使い分け

  • :そくと読むものには足を当てる

  • :きゃくと読むものには脚を当てる


  • この三つのポイントを押さえておけばもう大丈夫ですね。
    (´▽`v)

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ