“cute”と”pretty”と”lovely”の違い!女性をほめる場合どれを使うべき?

Sponsored Link




可愛い(かわいい)

これを英語でいったらなんと訳しますか?

「パッ」と思いつくのは以下の3つの「かわいい」があります。

  • Cute
  • Pretty
  • Lovely

  • どれも女性をほめるときなどに使えますが、
    いったいどのようなニュアンスの違いがあるのでしょうか。

    null

    今回は複数ある英語での「かわいい」の違いについてまとめました。
    それではさっそくみていきましょう。

    Sponsored Link





    “Cute”の意味とニュアンス


    まずは”Cute“からみてみましょう。
    辞書で意味を調べてみると、以下のようにあります。

      “Cute”の意味

    • (子供や品物などが)かわいい
    • きれいな、愛らしい

    例で考えてみましょう。

      This girl is very cute.
      (この女の子はとてもかわいい)

    さて、何歳くらいの女の子を想像しますか?

    ニュアンスとしては、小さい子供、特に小学生くらいまでの子供に使うことが多くなります。

    もしも成人の女性に対して”Cute”という場合は、

  • 少女のようにかわいい
  • あどけなさがのこるかわいさ

  • このようなニュアンスが含まれます。

    null

    さらにこの語は、小さな子供だけではなく、動物や物にも使えます。
    その場合は動物のしぐさや物の外観が「愛らしい」という意味合いになります。

    Sponsored Link


    “Pretty”の意味とニュアンス


    次に”Pretty“をみてみましょう。
    辞書で意味を調べてみると、以下のようにあります。

      “Pretty”の意味

    • (女性っぽく)かわいらしい
    • かれんな、きれいな
    • (場所や物などが)きれいな、こぎれいな

    今度は「女性」という単語が出てきましたね。
    さっそくですが例文を見てみましょうか。

      This girl is very “pretty.
      (この女の子はとてもかわいらしい)

    一見すると”Cute”と同じように感じますが、
    “Pretty”は”Cute”よりも「美しい」という意味合いが強くなります。

    ではこの例文の出てくる”girl”は何歳くらいでしょうか。
    すくなくとも”Cute girl”よりは上の年齢。

    中学生以降の女の子を差すイメージとなります。
    年齢が上がる事で、より女性らしい魅力がでてきているというニュアンスですね。

    null

    他にも副詞では「かなり、相当、ずいぶん」という意味があります。

    美しい夕日や素敵な芸術作品をみて、

    Pretty good!

    という事ができます。

    「すごく良い、すばらしい」と言いたいときに便利な表現ですね。

    Sponsored Link


    “Lovely”の意味とニュアンス


    では、”Lovely“はどうでしょうか。
    こちらも意味をみてみましょう。

      “Lovely”の意味

    • (目も心もひきつけるように)美しい、かわいらしい

    “Lovely”は日本語風に言うと、「超」が付くイメージとなります。

    例えば、”Lovely baby!”といったら、

    んもー、超カワイイ赤ちゃん!

    といったニュアンスになります。

    null

    さらに類語は”beautiful”とも説明されています。
    つまり女性をほめるときにも使えるということですね。

    では、女性に使う場合はどのようなニュアンスになるのでしょうか。

    “Love”というのはご存知「愛している」という意味ですよね。

    “Pretty”や”Cute”が「どのようにかわいいか」を表現しているのに対して、
    “Lovely”の場合はとても主観的です。

    印象としては、

  • めっちゃ私のタイプ
  • それは私をメロメロにする

  • こんなイメージとなります。

    例を挙げてみましょう。

    This girl is so lovely.

    これを意訳すると、

    このコ、超かわいい!めっちゃ私の好み!

    こんな感じのニュアンスとなります。

    ちなみに”Lovely”は容姿だけではなく、しぐさや表情から放たれる女性らしさやかわいさを表現する時にもつかいます。

    さらには天気や料理、植物や服装など、人間に対してだけではなくかなり広い場所で使える形容詞となります。

    それぞれの違いについて


    どの言葉も「かわいい」という意味合いがありましたが、それぞれニュアンスや対象年齢の違いなどがありました。

    英単語 ニュアンス
    Cute 子供らしくて「かわいい」
    Pretty 整っていて美しい「かわいい」
    Lovely (本人にとって)愛らしさを強く感じる「かわいい」

    なので、女性をほめる時に、どの「かわいい」を使うかで相手に与える印象は違ってきます。

    Cute“であれば小さなGirlには使えますが、Ladyに使ってしまうと、場合によっては失礼にあたることもあります。

    Pretty“の場合は幅広く使えるものの、客観的なきれいさ、かわいさを表現するための表現となります。

    Lovely“だとその表現を使った本人にとって、かわいく感じているんだよと表現することで、相手に好意や愛情をしっかり伝えることができます。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は、女性をほめる時の「かわいい」の意味持つ”cute”と”pretty”と”lovely”のニュアンスや意味の違いについて紹介しました。

    なんとなく同じような意味かと思いきや、意外とニュアンスや相手への伝わり方が違ってくることに気が付きますね。

    特に女性は「自らがかわいいかどうか」についてはとても敏感です。

    適切な言葉を選んで相手が、

    うふっ、うれしいっ。ありがと!

    と、好感度が上がる方の英語をうまく使い分けていきたいものですね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ