鶏むね肉ともも肉の違い!代用はできる?カロリーや栄養は違うの?

Sponsored Link




鶏肉ってサッパリしているのに、
ジューシーでおいしいですよね!

唐揚げ棒棒鶏を作るときには欠かせません。

null

でも鶏肉には色々な種類があります。

むね肉
もも肉

など部位によって大きさや値段が違います。

これらは部位によってカロリー栄養は変わってくるのでしょうか。

と、いうことで!

今回は鶏むね肉と鶏もも肉の違いについてまとめました。
代用できるのかどうかもチェックしていきましょう!


Sponsored Link



部位の違いについて


鶏むね肉も鶏もも肉も鶏の肉という意味では同じですす。
しかし、肉の取れる部位が異なってきます。

むね肉というのは首から下の胸あたりの肉。
そして、もも肉は足のすぐ上の肉のことです。

この2つの位置は非常に近いのですが、
実は、肉の性質に違いがあります。

鶏むね肉は大きく引き締まっている肉で脂肪分が少なくタンパク質が多いのが特徴です。
しっかりした大きなかたまりで、色は白っぽいピンク色をしています。

一方、鶏もも肉はほどよく脂肪がのっていて脂身が多いのが特徴です。
小さく切って売られていることが多く、色味は濃く赤っぽいです。

味の違いについて


では、肝心のはどのような違いがあるのでしょうか。

鶏むね肉はさっぱりとした淡白な味が特徴です。
クセがないので濃い味付けとよく合い蒸し鶏棒棒鶏などで使われています。

脂肪分が少ないので人によってはパサパサして固いように感じます。


鶏もも肉はコクがありジューシーで鶏の出汁が良く出ます。

鶏の風味を出したい筑前煮鶏団子に使われます。
またジューシーな脂がたっぷり含まれているので唐揚げにも向いています。

脂肪分が多いので人によっては脂っこいと感じます。

Sponsored Link


代用はできる?


鶏むね肉のレシピを鶏もも肉で代用したり、
鶏もも肉のレシピを鶏むね肉に代用することはよくあります。

特に、

ヘルシーに仕上げたい!」
ジューシーに仕上げたい!」

などの目的がある場合は部位を変えるのはよくあること。

しかし、それぞれの肉には特徴があるので、
間違った調理法をしてしまうとおいしくなくなるということもあります。

null

鶏むね肉はヘルシーですが脂肪分が少ない分固くなりやすいので、鶏団子や唐揚げにする場合は火の入れ方に注意をしないと肉が固くなりパサパサになってしまいます。

一方、鶏もも肉はコクがありジューシーですが、肉っぽいクセが強いのであっさりしたお吸い物やスープにいれると臭みが際立つ可能性が高いです。

上手く代用すればいい効果が生まれますが、調理方法を間違えると
それぞれの良さが無くなって不味い料理になってしまいます。


鶏むね肉の場合は固くならないようにお酒に漬けたり、
ひき肉の場合は崩したお麩豆腐をつなぎに加えると歯ごたえや柔らかくなります。

クセの強い鶏もも肉は濃い味付けお酒で臭い消しをするのがおすすめです。

それぞれの肉の特性に合った使い方を心掛けることが上手に代用するポイントですね。
(^^ゞ

Sponsored Link


カロリーや栄養の違いは?


では次に、カロリーや栄養の違いについてもみていきましょう。

鶏むね肉の100gあたりのカロリーは108kcal
鶏もも肉の100gあたりのカロリーは116kcal

単純にカロリーだけで比較するとそう違いはないように感じますね。

では、タンパク質や脂質を比較してみましょう。

すると・・・・

鶏むね肉のタンパク質は22.3gで、脂質は1.5g
鶏もも肉のタンパク質は18.8gで、脂質は3.9g

なので、鶏むね肉の方が圧倒的に高タンパクで低脂質な食材といえます。
鶏むね肉は鶏のささ身に匹敵するくらい高タンパク低脂肪でダイエットに適しています。

鶏むね肉 鶏もも肉
カロリー(100gあたり) 108 kcal 116 kcal
タンパク質 22.3g 18.8g
脂質 1.5g 3.9g

次に、それぞれの部位にはどんな栄養が含まれているのでしょうか。

鶏むね肉に多く含まれているのはナイアシンパントテン酸です。

ナイアシンは身体のエネルギーを作り、脂質や糖質の分解を促し、
皮膚や粘膜の炎症を防いでくれる効果があります。

パントテン酸はビタミンB群の一種。

エネルギーの代謝を助け、ストレスを抑制し、
動脈硬化を予防してくれる働きがあります。


続いて鶏もも肉に多く含まれているのはビタミンKセレンです。

ビタミンKは出血時に血を凝固してくれる働きがあり、
さらに骨の形成を促すので骨粗しょう症の予防になります。

パントテン酸は身体の代謝とエネルギー産生に必要な酵素を補助する役割があります。

こうしてみてみると、同じ鶏肉ですが
部位によって栄養にも大きな違いがあるのがわかりますね。^^

どちらも良い部分があるので、
バランス良く摂取するようにしましょう。

Sponsored Link


まとめ


今回は鶏むね肉と鶏もも肉の違いについて紹介しました。

カロリーはそこまで大きな差はありませんでしたが、
食感や含まれる栄養にはけっこう大きな違いがありましたね。^^

代用はやり方を間違えると不味くなる可能性が高いですが、
上手に代用すればしっかりおいしく利用できます。

ダイエット中に唐揚げやチキンソテーが食べたくなった場合は、
低カロリーな鶏むね肉で代用することも多いですよね。

その際、肉が固くならないように最初に、
お酒やみりんをたっぷりと吸わせておいたり、
あまり火を通さないようにするなどの工夫が重要です。

それぞれのメリットを活かして、
上手に調理するようにしましょう~♪

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事



コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ