私用と所用の違い!欠席やお休みをもらう時はどっちを使うべき?

Sponsored Link




会社に遅刻しそうだったりお休みをいただく時や、
参加予定だった行事に出席できくなる場合。

先方にちゃんと連絡する必要がありますよね。

でも、

明確な理由がなく欠席したりお休みする場合って、

理由をどうしよう・・・。

って迷ってしまうことがあります。
そんな時、いったいなんて書いたらよいのでしょうか。

私用により遅れます。」
所用によりお休みします。」

どちらも似たような言い方ですが、
どちらが言いわけがましくないのでしょうか。

これらの連絡を受け取った時に、相手はどのように感じるのでしょうか。

null

ということで!

今回は私用所用違いについてまとめました。

状況による具体的な使い分け方法についても
おまとめましましたので、よろしえればご参考ください。

Sponsored Link



私用の意味


まずはことばの意味からみてみましょう。

    私用の意味

    1.

    自分のために使うこと。公用の逆。

    2.

    自分の用事。私事。

私用は「私事(わたくしごと)の用事」という意味。
なので自分のために使うことを意味します。

自分のために使ってしまうことを私用○○と言い、
  • 私用電話
  • 私用化
  • のように単語の頭に付けて使うこともあります。

    所用の意味


    次に「所用」についても見てみましょう。

      所用の意味

      1.

      用いること。用いるもの。

      2.

      用事。用件。

    「1」の用いること、用いるものという意味で

    建築に所用する材料

    のような使い方もしますが、
    多くは「2」の用事という意味で使います。

    Sponsored Link


    私用と所用の違い


    意味をチェックしたところで、具体的な違いについてみてみましょう。

    私用も所用も意味に「用事」と入っていますが、
    どういった違いがあるのでしょうか。

    まず、私用は自分の用事という意味で、
    所用は単純に用事という意味です。

    違う意味の言葉というよりも、所用という
    大きなくくりの中に私用という意味が含まれています。

    null

    つまり、

    自分の用事のことを「私用」と言いますが「所用」を使うこともできます。

    しかし、公用など私事ではない用事に対して、
    「私用」という言い方はしないので、その場合は、

    所用のため欠席いたします」
    公用のため欠席いたします」

    という言い方になります。

    それでは次に、具体的なシチュエーション別に、
    どちらの言葉を使ったらよいのかをみてみましょう。

    欠席をする時の使い方

    まずは、用事を欠席する場合の使い方です。

    約束しているイベントや仕事を用事で欠席する場合は、
    あらかじめ連絡する必要があります。

    私用も所用も用事という意味なのでどちらを使っても間違ってはいません

    しかし、私用を使った方がより
  • 自分の家庭の事情で
  • プライベートの用事で
  • というニュアンスが強くなります。

    逆に、

    所用というのはかしこまったビジネスシーン向けの言い方になります。

    もしも取引先の相手などから電話がかかってきた場合には私用を使うよりも、

      「担当の○○は本日所用のため欠席しております」

    という言い方の方が社会人らしい改まった印象になります。

    Sponsored Link


    有給をもらう時の使い方

    では次に会社でお休みをいただく場合のケースをみてみましょう。

    有給休暇をもらう場合はあらかじめ有休届を出す必要があります。
    その届け出には何と書くべきなのでしょうか。

    私用のため」と書く人も多いですが、
    公用でない場合はすべて私用に含まれます。
  • 自分の用事
  • 冠婚葬祭
  • 病院への通院
  • などはすべて私用になります。

    ちなみに公用というのは「おおやけの用事」という意味であり、
    本来は国家などにかかわる用事という意味となります。

    ただ、単に仕事の用事の場合に使うことも多いです。

    例えばダブルワークなどをしていてもう片方の仕事で何かあるときには、

    公用のため

    と使うこともできます。

    しかし、あまり他の会社の用事という印象を与えたくない場合は、

    所用のため

    と書くこともできます。

    最近では、

      ほとんどの用事は私用に当たるので、詳細に書かず【私用のため】というだけでは有休申請できない。

    と言われる場合もあります。
    その場合はきちんと内容を書くようにしましょう。

    早退する時の使い方

    もしも何か用事があって早退する場合

    こちらも、あらかじめ同僚や上司にその旨を伝えておかなくてはいけません。
    会社の方針によっては早退届を出す義務が生じます。

    子供のお迎えや結婚式への出席などで早退する場合は私用に含まれるので

    私用につき二時間早上がりさせて頂きます」

    などの書き方で問題ありません。

    しかし、有休届同様に、

      早退の理由を詳細に書いて下さい

    と言われる場合も多いです。
    その場合は「私用のため」や「所用のため」ではなく、
    何のために早退するのか目的をきちんと書く必要があります。

    ただし、いくら仕事先といえ行く場所や誰と会うのかなど、
    個人名まで詳細に書かなければならないという義務はありません。
  • 友人の結婚式に出席するため
  • 家族で旅行に行くため
  • などの理由で問題ありません。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は「私用」と「所用」の違いについて紹介しました。

    どちらも用事という意味があるので、
    どちらを使っても大丈夫な場面も多いです。

    しかし、私用の方は自分の用事という意味であり、
    所用はビジネスシーンなどで使えるかしこまった言い方となります。

    ざっくりとした使い分けとしては、以下のようになります。
  • 私用 → 身内内で不在であることを伝える場合
  • 所用 → 対外向けの場合や、よりフォーマルな使い方
  • ただし、「所用」の方がビジネスシー向きの言葉だからといって会社の有休届に

    所用のため

    と書いてしまうと、

    これ何の用事なの?

    と言われてしまうこともあります。
    そういった場合はしっかり理由までを書くようにしましょう。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ