ご健勝とご多幸の違い!意味や使い方の違いについて

Sponsored Link




会社の新年のあいさつや異動のあいさつのとき。

締めに使うお決まりのフレーズ

ってありますよね。

例えば、

ご健勝をお祈りいたします」
ご多幸をお祈りいたします」
などといった言い方をします。

null

ご健勝」には「健康で勝つ」という文字が入っていますし、
ご多幸」は「幸せが多い」と書きます。

なので、どちらも相手のことを気遣って使う言葉だというのは分かります。

しかし、この二つは似たような言い回しではありますが、
それぞれどのような意味で、どんな違いがあるのでしょうか。

どんな場合に、どちらの言葉を使うのがふさわしいのでしょうか。

ということで!

今回は、「ご健勝」と「ご多幸」の適切な使い方や、
細かい意味の違いについてまとめました。

それではさっそくみていきましょう!

Sponsored Link



ご健勝の意味


まずは「ご健勝」の方からみていきましょう。
ご健勝は「ごけんしょう」と読みます。

    読み方

    ごけんしょう

身体が健康で丈夫なことを意味する言葉であり、
相手の健康を願って使う言葉となります。

    意味

    相手の健康を願って使う言葉

健はもちろん健康という意味であり、勝はすぐれる、まさるという意味です。

身体が健康で優れていることを意味しているので、

丈夫で病気をしない健全な肉体であることを願っています

という意味で使う、あいさつ激励の言葉となります。

ご多幸の意味


ではもう一つの「ご多幸」もみてみましょう。
ご多幸は「ごたこう」と読みます。

    読み方

    ごたこう

とても幸せであることや幸が多いこと、福が多いことをあらわす言葉です。

    意味

    相手が幸せであることを願う言葉

幸せが多いと書きますが、別に幸福な人に対して使うわけではなく、

あなたにたくさんの幸せが訪れますように

と、相手の幸せを願ってしまう言葉です。
年賀状の文面や別れのあいさつとして使うことが多くなります。

Sponsored Link


ご健勝とご多幸の違い


「ご健勝」は相手の健康を願って使う言葉であり、
「ご多幸」は相手の幸福を願って使う言葉です。

でも健康も幸福もあまり違いはありませんし、
どっちを使っても問題がないように思います。

この二つにはどんな違いがあるのでしょうか。

・・・・・・・

実はこの2つはそこまで明確な使い分けはありません
「ご多幸ご健勝をお祈り申し上げます」
と両方を続けて使うこともあります。
ただし、使うシチュエーションはそれぞれ異なってきます。

例えば、ビジネスの集まりなどで
  • 健康に気を付けてお過ごしください
  • 健康に気を付けてビジネスにいそしみましょう
  • とったニュアンスを伝えたい場合は、

    ご健勝

    の方を使います。

    対して、「ご多幸」の方は「幸せを願う」という意味なので、
    結婚式のスピーチなどで使う場合が多くなります。

    どちらも万能に使えますが、
  • 「ご健勝」は主にビジネスの場
  • 「ご多幸」はビジネス以外の場
  • といった感じで使われることが多い印象があります。

    例えば、上司の異動の際に贈る言葉に、

    ご多幸をお祈り申し上げます

    とはあまり言わないですね。
    個人的には「ご健勝」か「ご活躍」を使います。

    わかりやすく例文を見てみましょう。
    例文

    1.

    「○○様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます

    2.

    「皆様のご健勝とますますのご発展をお祈り申し上げます」

    3.

    「ご家族様のご多幸を心よりお祈り申し上げます」

    4.

    「○○様のご健勝ご多幸をお祈りいたします」
    このように、

    「ご家族のご多幸を~」や、
    結婚式であれば「お二人のご多幸を~」など、
    幸せに関することに関しては「ご多幸」を使います。

    また、「健康に気をつけながら」といったニュアンスであれば
    「ご健勝」を使うことができます。

    忘年会や新年会のスピーチの他、年賀状やビジネスメールでも使えますし、
    文面の最後に締め、結びとして使うことも可能です。

    Sponsored Link


    目上の人にも使える?


    少し気を付けたいのがビジネスシーンで目上の人に対して使う場合。
    「ご健勝」や「ご多幸」は失礼に当たったりすることはあるでしょうか。

    目下の立場から願っていいのかな?

    と、ちょっと心配になる人もいるかもしれませんが、
    目上の人に対して使うこともありますし、特に失礼には当たりません

    尊敬語の「ご」が付いているので、目上の人に対して使う丁寧な言葉に含まれますし、
    もしも気になるのであれば

    ご健勝をお祈りします

    ではなく

    ご健勝をお祈り申し上げます

    に変えるとさらに丁寧な言葉になります。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は「ご健勝」と「ご多幸」の違いについて紹介しました。

    「ご健勝」と「ご多幸」は似ている言葉ですが、
  • 健康を祈る言葉
  • 幸福を祈る言葉
  • という意味で若干の違いがあります。

    どちらも少し形式ばった堅い言い回しで、
    どんなシーンでも使える万能な言い回しです。

    こんな場合はこっちを使うべき!

    という使い分けは特になく、両方同時に使うこともあります。
    転職メールやスピーチの締めなどでよく利用することばですね。

    相手の健康を願う、幸せを願うという気持ちが大切なので、

    「いつまでも健康な身体で居て下さることを願っています」

    でも問題はありませんが、

    「ご健勝をお祈り申し上げます」

    の方がよりフォーマルな社会人らしい印象になります。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ