異常と異状の違いと使い分け!整備や点検で「いじょう無し」はどっちを使う?

Sponsored Link




同じ読み方をする異常異状
どちらも異なることを表していそうな言葉ですよね。

車の点検なんかでも、

いじょうなかったですよ~

って、言われますよね。

点検

日常的に、

  • 整備・点検でいじょうが無かった。

  • 今年はいじょうに暑かった。

  • 体にいじょうをきたす。

  • と、ごくごくありふれた言葉として使う「いじょう」。

    でもこの二つ、
    字面が良く似ているけれど、使い分け方ってあるんでしょうか?
    言葉の意味って違うんでしょうか?

    今回はそんな「いじょう」についてチェックしていきましょう!


    Sponsored Link




    異常の意味


    それでは、まずは「異常」の意味からチェックしていきましょう。

      異常の意味

      「正常でない」「通常でない」「健常でない」などとされることの総称。
      いつもと違う事。

    この言葉には、明確な定義がありません。

    何をもって「正常」「通常」とするかは、
    時代や状況によって変化することもありますよね。

    なので、単純に多くのものと比較して、
    それらと違った場合に「異常」と言っている、
    少数派に対して使っている場合も多いです。

    多数派による少数派への差別的な意味が込められてしまう、
    と言うことも起こり得る言葉なんですね~。。。

    異状の意味


    それでは次は「異状」の意味を見てみましょう。

      異状の意味

      普通とは違う状態。

    んん??

    「異常」と大して違わないですよね。

    「正常でない」のと「普通じゃない」のと、
    いったい何がそんなに違うのでしょう?

    それは、次の項目で細かくチェックしていきましょう!

    Sponsored Link



    異常と異状の違い


    「異常」と「異状」の意味を見ていきましたが、
    意味だけでは違いがよく分かりませんでしたよね。

    実は、この二つには明確な違いがあります。


  • 「異常」は単純にいつもと違うこと。

  • 「異状」はいつもと違った悪い状態のこと。

  • 状態が悪くなっているかどうかが、ポイントなんですね。

    悪くなる

    さらに、文法的にも違いがあります。

    「異状」は「いつもと違う様子」という意味の名詞として使います。
    なので、「異状」は数えることができます。

    そのため、形容詞的形容動詞複合語で「いじょう」を使いたい時は、
    異常」としか書くことができないんです。

    それでは、具体的な使い分けを例文を見ながら確認していきましょう!

    Sponsored Link



    使い分けと例文


    上で挙げた三つの文章を例に、
    どちらの「いじょう」を使うのか見ていきましょう。

      整備・点検でいじょうが無かった。

      この場合は「異常」を使います。

      一見、「異状」を使いそうになりますが、
      整備や点検というのは物の構造を確認していますよね。

      構造に異変があった場合と言うのは、
      初期不良や、バグ、故障といった複合的な要素をはらみます。

      なので、複合語としての「異常」が正解になります。


      今年はいじょうに暑かった。

      こちらも「異常」を使います。

      数多くある「例年並みの暑さの年」と
      「特別暑かった今年」を比較していますよね。

      大多数に対して、少数を示している例です。

      体にいじょうをきたす。

      この場合は、「異状」が正しい使い方です。

      体の調子が良くなっていて「いじょうだ」とは言いませんから、
      体のどこかが悪くなっています。

      悪くなっていると言えば、「異状」です!

      では、健康診断での「いじょう無し」は「異状無し」を使うのか?
      というと、この場合は「異常」を使います。

      これは、先ほどの「整備・点検」の例文と同じ理屈です。

      体を総合的に見た結果、
      いつもと違うところはなかったので「異常無し」となります。

    Sponsored Link



    まとめ


    今回は「異常」と「異状」の意味や使い分け方について紹介しました。

    明確な違いが分かりにくい二つの言葉ですが、
    まとめるとこうなります。


  • 異常⇒いつもと違うこと。使い方は柔軟で、どんな文法にもマッチする。


  • 異状⇒いつもと違い、悪い状態。使い方は限定的で、名詞としてのみ使う。

  • 文法や、複合性があるかどうか等、色々と考えないといけないですし、
    なかなか厳密に使い分けていくのは難しそうですよね。

    色々

    「異状」はかなり限定的な使い方をするので、
    迷ったら「異常」を使っておくのが無難ですよ!

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ