影と陰の違い!こっそりする努力や絵を書く時の「かげ」はどっち?

Sponsored Link




陰影という言葉がありますよね。

どちらも「かげ」と読みますが、
」と「」の意味って同じなのでしょうか。

陰影

日常的にもけっこう使いますよね。
たとえば、

  • かげで努力する。

  • 絵画にかげを描く。

  • かげながら応援する。

  • 湖にかげを落とす。

  • これらの文章に使う「かげ」、
    使い分ける必要って、あるのでしょうか?

    今回は、一見同じ意味に見える「影」と「陰」の違いについて紹介します。

    ついでに、
    英語だとどうなるのかも、用例も交えてチェックしていきましょう!


    Sponsored Link





    それぞれの意味


    まずは、「」と「」のそれぞれの意味から見ていきましょう。

      影の意味

    • 光の進行が物体や人などによって遮られた結果、壁や地面にできる暗い領域。

    影は光を遮っている物体や人の輪郭に似たものになりますよね。

    でも、影ができる面の角度に応じて歪んだ像になることもあるので、
    そんな様から比喩的な意味でも使われます。

      陰の意味

    • 日の当たらないところ。

    • 人目につかないこと。表面に現れない部分。

    日の当たらないところ

    と言う意味では、「影」と似ていますよね。

    えぇ~~~~~。。。
    深く考えると、良く分からなくなっちゃいますね。。。

    次の項目で違いを見ていきましょう。

    Sponsored Link



    影と陰の違い


    」と「」の意味を確認しましたが、よく似た意味があって
    違いが分かりにくいですよね。

    この二つの言葉にはどんな違いがあるのでしょう。


        」は光とセットになっている言葉です。
        光があるからこそ生まれる黒い部分を「影」と言います。
        」の方は、光とは関係なく物に遮られたところのことです。

    図にするとこんな感じです。
    陰影

    図だと違いが良く分かりますよね。
    では、この図をチェックしつつ、実際に使う時の例を見ていきましょう!

    こっそりする努力は?


    人目に付かない様に、こっそり努力する場合は
    どちらの「かげ」を使うでしょうか?

    先ほどのを思い出してください。

    そう、見えない様に、見えない所で、見えない空間で・・・



    ですよね!!

    同様に、最初に出した例文の

    かげながら応援する。

    も「」を使うのが正解です。

    ついでに、
    裏表がない」と言う意味で使われる
    かげ日向なく」の「かげ」も「」になります。

    絵を描く時の「かげ」は?


    では、絵を描く時の「かげ」はどちらでしょうか?
    黒く描き込む「かげ」。。。



    の方ですよね!!

    最初に出ていた

    湖にかげを落とす。

    で使う「かげ」も、こちらの「」を使います。

    先ほど出したで考えれば、あっさり答えが出せますよね!

    Sponsored Link



    英語で言うと?


    二つの「かげ」ですが、英語にするとどう違うのでしょう。
    ちょっと見てみましょう。

  • 影⇒shadow
  •  
  • 陰⇒shade


  • シェードランプなんて聞きますよね。

    あれは暗い空間(陰)を照らすので、
    shade」を使うんですね。

    シェードランプ

    せっかくなので、「shadow」と「shade」を使った用例をいくつか挙げてみましょう。

      「shadow」を使った用例

    • shadow banking(証券会社などの銀行以外の金融機関が行う金融仲介業務)
    • shadow cabinet(影の内閣)
    • shadow cast on a wall(壁に投じられた[映し出された]影)

      「shade」を使った用例

    • shade a light(明かりを薄暗くする、問題などが目立たないようにする)
    • shade of color(色合い)
    • shade curtain(遮光カーテン)

    組織機関に対しては「shadow」を使って、
    光の加減に関わるものには「shade」を使うって感じですね。

    Sponsored Link



    まとめ


    今回は「」と「」の違いについて紹介しました。

    言葉で違いを説明するとややこしいですが、
    そんな時は是非あの図を思い出してください。


  • 光があって、遮られて黒くなる部分が「

  • 遮られて見えなくなる空間そのものを指すのが「

  • これで悩まずに使い分けられますよね!

    かげの人格」とかだと、どっちを使うのか悩むかもしれませんが・・・

    影の人格

    あまり「かげ」に振り回されると、いいことないですよ!

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ