facebookのブロックと削除の違い!相手にバレない方法はあるの?



facebookを使っていると、たまに問題になるのが、
望んでない人とのつながりや、見たくない投稿の連投。

友達申請を承認してしまったものの、見たくない投稿が
毎度、目に入ってしまうのは辛いもの。

null

そこで考えるのは、友達の解除ですよね。

これにはいくつか方法あり、たとえば、

  • 友達一覧からの「友達から削除

  • 設定からの「ユーザーをブロック




などの、友達としての繋がりを解除する方法があります。

でも、実際にこの設定をした時に、
facebook上での対象の人との関係はどのようになるのでしょう。

やっぱり後でバレてしまうのでしょうか。

Sponsored Link



タイムライン上の表示どうなる?
相手からの見え方は??

その後の、リアルでのお付き合いもあったりすると、
余計にいろいろ気になりますよねヾ(;´▽`A“

そこで今回は、友達の解除をする時の方法で、

    • それぞれの設定でfacebook上に何が起きるのか

    • 友達の解除がバレない方法はあるのか




など、facebookの友達拒否設定の違いについてまとめました。

「友達から削除」を設定した場合


まずは、友達一覧ページから設定できる、
友達から削除」を設定した場合から見てみましょう。

この設定にした場合は、申請を受けて(または申請をして)
いったん友達になったのを、解除する方法です。

この設定をした時に何がおこるかというと・・・

「友達から削除」の影響

facebook上での友達の状況が解除されるので、

  • 相手の友達リストから自分が消える

  • 自分の友達リストから相手が消える




という事になります。

で、問題は削除したことがバレるかどうかですが、

ぶっちゃけ、この方法が一番、
削除したことが相手に伝わりやすいやり方なんです(^^;

削除したこと自体は、相手に伝わったり、
通知が行くことはありません。

では、なぜバレやすいのか?

相手に削除したことが伝わる理由

その理由としては、高い確率で相手のfacebook上に、
知り合いかも」のリストにあなたが出てくるからです。

知り合いかもに出てくる条件は、

  • 共通の友達の有無

  • いいね!をした、された

  • 同じコミュニティがある(学校、会社等)


などなど、関連性が高いとfacebookが判断すると、
ばんばん「この人はどうですか?」と推薦してきます。

相手がたまにしかログインしてない状況でも、
高い確率で、削除したのは伝わってしまうでしょう。

「facebook上の友達いったん切るね~」

と、相手に伝わっている場合を除き、友達状態を
解除する方法としてはあまりおすすめできません(^^;

「友達から削除」のやり方

いちおう、「友達から削除」の、
やり方をシェアしておきます。

1. 友達一覧の友達サムネイル右にある「友達」をクリック

null

2. 出てきたリスト一番下にある「友達から削除」をクリック

null

これでFacebook上での友達関係がチャラになります。

Sponsored Link


「ユーザーをブロック」を設定した場合


では、次に「ブロック」した場合は、
削除と何が違ってくるのでしょう。

facebookでのブロックは、削除よりも
さらに相手を拒否る、重い処置になります(^^;

削除した場合は、友達関係が無かったことになるだけですが、
ブロックすると、ブロック設定を解除しない限り、
再度友達になることもできなくなります。

もちろん、「知り合いかも」 に出てくることもありませんので、
「友達から削除」よりは、バレ難い方法とは言えます。

「ブロック」の影響

「ブロック」をする事により、
具体的にどんなことが起きるのでしょうか。

以下の項目にまとめました。

  • 友達になることができない

  • お互いの投稿コンテンツが閲覧できない

  • 共通のイベントやグループに招待できない

  • メッセージの送り合いができない

  • お互いの写真でタグづけができない


と、まぁ、かなりの「お断り」スタンスですね。
友達の設定も、もちろん解除されます。

通知もされませんし、投稿もお互いに見れなくなるので、
相手が不審に思って調べない限り、わかりません。

うぅ~ん、すっごい拒絶。

どちらかというとこの方法は、
しつこいスパム投稿に対して有効な手段なんです。

「ホントにもう、縁を切りたい!!」

ぐらいの時は有効ですが、この方法を使う時は、
リアルでも絶縁するくらいの覚悟が必要そうです。
(ー”ー;)

null

相手を「ブロック」したことが伝わるケース

でも、この方法でも相手が、

自分はブロックされている・・・ッ!

と、伝わってしまうケースがあります。
いくつか見て行きましょう。

友達の人数が少ない相手の時

1つは、通知はされないものの友達リストからは消えるので、
相手の友達が少ない場合は、

「あれ?友達が1人減ってる・・・」

という感じで気付いてしまうでしょう。

友達の人数が数百人とかいる場合は、
人数がキリ番とかでなければ大丈夫でしょう(^^;A

ログアウト状態で検索した時

ブロックをしていれば、facebook上では、
相手からあなたを探し出すすべはなくなります。

facebook上で検索しても引っ掛からないですからね。
ダイレクトにあなた用のリンクURLを入れてもエラーページがでます。

相手は、「ああ、facebook、辞めちゃったんだね・・・」

と、思う事でしょう。

ところが、相手がfacebookにログインしていない他人のPCや、
Googleの検索などで、個人名をダイレクトに入力した場合。

FacebookやTwitterなどをやっていれば、
各アカウントの個人用ページが、ヒットしてしまうのです。

null
アカウント、バッチリ生きてるじゃないですか!
Σ(゚д゚lll)

なので、ブロックした場合も、相手が不審に思って
調べ出したりすると、結構簡単にバレてしまうのです。

ヾ(;´▽`A“

ちなみ、これはセキュリティページの「プライバシー」で、
検索エンジンの検索結果に表示させなくすることができます。

ただし、表示させない設定にしても、
出なくなるまでしばらく時間がかかるので注意が必要です。
(^-^)h

この方法を使う時は、前もって設定しておいて、
実際に検索結果に出てこないかを確認しておく必要があります。

共通の友達のタイムラインに書きこんだ時

ブロック設定した時に、一番まずいシチュエーションが、
ブロックした相手との共通の友達のタイムラインに、
あなたが書きこみをした場合です。

あなたがブロックした相手からすると、
システム上はすでにあなたは存在しない人。

つまり、ブロック相手からは、共通の友達への
タイムラインに投稿した内容は見えないのです。

あなたの投稿に、その共通の友達が何も反応しなければ、
不自然なことは何もありません。でも・・・

「○○さん、こちらこそありがとう!」

など、共通の友達が、自分に対してコメントをくれた場合、

ブロック相手にだけ自分の存在が見えない不自然な状態

が生まれてしまうんです~
ヾ(;´▽`A“

null
ちなみに、メッセージを過去にやり取りしていた場合。

こちらの場合も、メッセージの履歴は残っていますが、
プロフィール写真が不自然に消えてしまっています(^^;

メッセージを見返されたらイッパツですね (( ;゚Д゚))

「ブロックされている!!」

とまでは思わないかもしれませんが、

「何かあったんだな。」

と、異変には気付くでしょう。

「ブロック」のやり方

いちおう、こちらも、設定方法をシェアしておきます。

1. 右上のカギのマーク「プライバシーショートカット」をクリック

2. クリックしたリストの下にある「迷惑行為を防止する方法」をクリック

3. 出てくるボックスに名前かメールアドレスを入力

null

これで、ブロックの設定をした人に対して、
ガチンコ拒否をしたことになります。

Sponsored Link


バレにくい方法「制限リスト」


最後に、Facebook上で一番バレずに、
相手と距離を置く方法を紹介しましょう。

その方法とは、「制限リスト」の作成です。

この方法は結論から言うと、

友達のリストからは削除せずに特定の人に投稿を見せなくする


という方法です。

つまり、友達として繋がっていながら、
友達でない人とのやり取りと同じになるワケです。

この方法なら、友達申請が来て、承認をせざるを得ない状況でも、
いったん承認した上で、さりげなく拒否することができます。

やり方は簡単です。

制限リストのやり方

「ホーム」の左メニューにある「友達」をクリックして、
下の方にある「制限」をクリックします。

すると、制限リストに入れる友達を選択できるようになるので、
そこから制限リストに加えたい人を選べばOKです。

null


これで、対象の人と、さりげなく距離を置くことが可能となります(^^

但しこの方法を使う時には条件が1つあります。

「制限リスト」使う時の注意点

「制限リスト」を作成して、
自分の投稿を相手に見せないようにする場合、

自分のFacebookで公開している情報を、

    友達まで公開

に変更する必要があります。

プライバシーの設定

null
このように設定することにより、
今まで一般に公開されていた内容を、

Facebook上で友達になっている人のみに投稿を公開

にすることになります。

その上で、対象の人を「友達以外」として扱うよう、
制限をかけるわけですね。

しかし、この制限リストを利用した場合、
どんなメリットがあるのかを知りたいですよね!

「制限リスト」のもう少し詳しい情報

せっかくなので、制限リストについて、
もう少し詳しくみてみましょう。

気になるのが、たとえば過去のやり取り。

過去の情報

すでに相手のタイムラインに載っている情報。
これはどうなるのでしょう。

これは、プライバシー設定が「友達」のみになっていて、
制限リストに入れられている条件下だと、全て見えなくなります。


共通の友達

では、次に、共通の友達に対して、
あなたが「いいね!」をしたらどうなるでしょう。

この場合も、制限リストに入れた人からは、
あなたの「いいね!」は見れなくなります。


自分の情報

では、最後に相手から見た自分の情報はどうでしょう。
友達としてリストにはいるわけなので、見に来れますよね。

この場合、相手から見れるのは
一般公開している情報のみとなります。


相手からみたら、

「ああ、この人あまり更新してないんだな~」

と見えるでしょう(^^

「制限リスト」を使ってもバレるケースとは?

とはいえ、「制限リスト」に入れても、
制限されていることがバレてしまう事はあります。

友達になってすぐにリストに入れてしまえば、
判断はし難いとは思いますが、

今までずっと公開していた情報が急にみれなくなった場合、
相手からすると、

「あれっ?今まで見れていたのにな・・・」

と、変化に気づいてしまう可能性があります。

とはいえ、この方法であれば、

相手が自分のプロフィールページを見に来なければ分からない


という方法なので、Facebook上でのやり取りを
控えたい人がいるならば、現状では一番おすすめの方法です(^^

Sponsored Link


まとめ


今回は、Facebook上で特定の人とのやり取りを控えたい場合に、
拒否設定でどのような違いがあるのかを紹介しました。

今回紹介しました3つの方法を表にまとめましたので、
よろしければご参考ください。

削除 ブロック 制限リスト
バレる? バレ易い バレる バレ難い
友達設定 解除する 解除する 解除しない
投稿 見れない 見れない 見れない(要設定)
検索 できる できない できない
(友達のまま)

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事

コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ