すいませんとすみませんの違い!正しい使い方とは?



謝意を伝える時に使う言葉

「すません」と「すません」。

null

何気なく使っていますが、
いったい、正しいのはどちらなのでしょうか?





結論から言うと、どちらも間違っていません

なぜならば、どちらの使い方をしても、
相手に通じるからですね(^^

ところが!

文字に起こすとなると、正しいのは

すみません

となり、「すいません」は誤りとなります。

その理由とはなんなのでしょうか!?
まずは、この言葉の意味からみてみましょう。


Sponsored Link



すみませんの意味


普段あまり意識しませんが、
「すみません」を漢字で書くと「済みません」となります。

済みませんは活用した状態になってますが、
もともとは「済む」という動詞ですね。

済むに、丁寧語の助動詞「ます」の未然形と、
打ち消しの助動詞「ぬ」の終止形がくっついて、

済み(動詞) + ませ(助動詞) + (助動詞)

済みませぬ

が本来の言葉の状態となります。

では次に、いったいなにが「済んでいない」のか。
謝る時にこの言葉を使う理由について見てみましょう。

なにが「済みませぬ」なのか

「済む」というのは、支払が完了した時に使う、
「決済」という漢字などでも表現されるように、

  • 与えられたミッションが完了した状態

  • ものごとが解決した状態

  • 気持ちが満足した状態


を指しています。

つまり、「済みませぬ」というのは、相手に対して、
何かが完了していないことへの意思表示となるわけです。

(-人-)

を挙げてみましょう。

「すみません」を使うシチュエーション

キャッチボールしてて窓ガラスを割ってしまった!

すみません!

→ 割ってしまった窓ガラスの弁償がまだ済んでいません。

頼まれた事をやり忘れてしまった。

すみません!

→ 言われた用事がまだ済んでいません。

お客さんから思いがけぬ手土産をもらった。

すみません!

→ 大層な物をもらったお返しが済んでません。
→ いただくばかりでは申し訳なく、私の気持ちが済んでません。

null

と、いうように、

相手の要望に対しての対応が終わってなかったり、
こころの中にもやもやが残った状態の時に、


すみません

という言葉と自然と使っている。
というわけなのですね~(^-^)h

Sponsored Link


「すみません」「すいません」の正しい使い方


次は「すみません」「すいません」の、
正しい使い方について見てみましょう。

null

話し言葉(会話をする時)の場合

もともと、「すみません」「すいません」も、
目上の人には使わない言葉でした。

ただまぁ、言葉というのは時代に応じて、
変化して行くのが常です(^^;

なので、「すみません」と「すいません」のどちらとも、
会話上で普通に使っても、問題ないです。


謝る時に、この言葉を使ったことが理由で
怒られるという話は聞いたことがありません。

ただし、この言葉の特性上、シチュエーション的に、
すでに相手が怒っているケースは多々ありますけどね。
ε~( ̄、 ̄;)ゞ

Sponsored Link


書き言葉(文章内で使う時)の場合

文字に起こして書く時には注意が必要です。

「すいません」は、話し言葉特有の使い方で、
撥音(はつおん)する時の都合で発展した言い回しです。

なので文字にする時は、「すみません」が、
正しい言葉の使い方となります。


手紙などに「すいません」と書くと、
ちょっと俗っぽく、軽い感じがします(^^;

null

ビジネスメールで使う場合

次は、仕事上で使う場合です。

ビジネスメールのやり取りでは、
「すみません」も「すいません」も使うのはNGです。


「すみません」は一応、丁寧語にはなっていますが、
謝罪する場合には、少し軽すぎるイメージがあります。

メール文章の中で、謝意や、謝罪を伝えるのであれば、
状況により、以下の言葉で使い分けましょう。

謝意を伝える時

  • ありがとうございます

  • 恐れいります




謝罪をする時

  • 申し訳ございません

  • 大変失礼いたしました




「すみません」「すいません」は、

「ちょっと通りますよ、すいません~」
(`・ω・´)

というように、口語で使う時ように発達したので、
かなり軽い謝意を表す時にも使われます。

なので、もう少しフォーマルになるビジネス上のやり取りでは、
通常、使わないのが普通です。

私は一回も使ったことはありません。
(๑¯◡¯๑)

Sponsored Link


まとめ


今回は、すいませんとすみませんの違いについて紹介しました。

ちょっとまとめておきましょう。

「すみません」と「すいません」の正しい使い方

  • 会話であれば「すいません」も「すみません」どちらでもOK

  • 文章の場合は「すみません」が正しく、「すいません」はNG

  • ビジネス上は「すいません」と「すみません」どちらもNG


  • あまり使いたくはない言葉ですが、
    間違って使ってしまい、

    すみませんじゃ、すみません!

    なんて言われないように、
    正しい日本語を身につけたいものですね(^^

    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事

    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ