振込と振替って何が違うの?ゆうちょだと変わるの?

Sponsored Link




金融機関でお金を送金する時って、
振込をする」と言いますよね。

しかし、振込以外にも振替ってありますよね。

アレってどういう時に利用するものか、ご存知ですか?

null

わたし、知ってます!

同じ銀行内で自分の2つ持ってる口座内でお金を動かすこと

ですよねっ



あれ??・・でも、

おばあちゃんとか、人にお金を送金する時も、

「これ、ゆうちょに寄って振替といておくれ~」

って言ってたような・・・。

でも、おばあちゃん、そんな口座いくつも、もってないよね・・・。



ちょっと、よくわからなくなってきましたね。

今日は、この振込振替をちょっと整理してみましょう~。


Sponsored Link





振込と振替の違いとは?


振込自分以外の人の口座に、
お金を送金することを言います。

振込先は同じ金融機関である必要はなく、
他の金融機関へも送金できます。

一方の振替というのは、同じ金融機関の中にある
自分自身の口座へお金を移動することです。


振込するためには、同じ金融機関の中の同一支店への送金であれば
基本的に振込手数料はかかりません。

しかし、支店が違う場合や、他の金融機関への送金には、
振込手数料が必要になるケースがほとんどです。

振替というのは、口座間のお金に移動だけなので、
手数料は必要ないのが基本です。

振込 振替
違う銀行同士、もしくは同じ銀行の違う人同士でお金のやり取りをすること 同じ金融機関内にある自分自身の口座でお金のやり取りをすること


ここまではOKですよね。

でも、これらは郵便局以外の金融機関でのお話で、
郵便局だけちょっと特殊な呼び方になるんです。

Sponsored Link


郵便局の場合はどうなるの?


郵便局の郵便貯金はゆうちょ銀行と名前も変わりました。

郵便局の口座番号では他の金融機関からの
振込ができないケースもありました。

ですが、現在は他の金融機関からの振込用の
口座番号がありますので同じように使用できます。

ゆうちょ銀行では、第三者のゆうちょ銀行への
振込送金のことを払込みという呼び方をします。

他にもゆうちょ銀行には振替口座という受け取り専用の口座もあるので、
一般的な金融機関とは違う点があります。

払込み 郵便振替
ゆうちょでの現金の入金 ゆうちょ口座間での入金

Sponsored Link


口座振替とは?


最後にちょっとおまけです。

口座振替について見ていきましょう。

ゆうちょなどの特殊な例を除き、振替は自分自身の口座間での
お金の移動のことですが、自動振替は少々意味が違います。

金融機関によって呼び方が違う場合もありますが、
自動振替は口座から毎月お金を自動で引き落とすシステムのことを言います。

毎月決まった金額を口座から引き落とすことや、通販で購入した商品の代金を
予め口座から引き落としできるように手続きしておくこともできます。

これらのサービスは銀行振込や専用の払い込み用紙を
使ったコンビニ払いとは違い、手数料の負担がかかりません。

なので、引き落とす方も引き落とされる方も、
双方にとってメリットもあると言えるのです(^^

Sponsored Link


まとめ


なるほど~。

普通の銀行と郵便局で、「振替」の意味が違ってくるんですね~。

これで、私はこんがらがっていたわけですね!

一般の金融機関の「振替」 ゆうちょ銀行の「振替」
自分名義同士で口座間でお金を移動すること 本人か他人かを問わずゆうちょ口座同士でお金を送金すること

振込と振替の違いは金融機関によって多少の違いがあるので、
不明な点がある場合は該当する金融機関へ問い合わせると安心ですよ。

振込手数料は窓口よりもATMを使用する方が負担が軽くなるので、
手数料の違いについても事前に確認してから利用するようにした方が良いですね(^-^)h

参考になりましたら幸いですm(_ _)m

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事



コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ