趣旨と主旨の違い!目的を説明する時の使い分け方法とは?要旨との違いもチェック!

Sponsored Link




趣旨主旨

どちらも「しゅし」と読みますよね。


たとえば目的を説明するときなど、

企画のしゅし
話のしゅし

などと使ったりします。

なんだか意味もちょっと似ていますが、たとえば上記の場合などは、
いったいどちらの「しゅし」を使えばよいのでしょうか。

ビジネスでも使う場面が多いので、使い分けをしっかり把握して、
間違えのない方を使いたいものですよね。

null

というこで、今回はこの、
「趣旨」と「主旨」の違いにチェックしてみましょう。

Sponsored Link





趣旨の意味


趣旨というのは、

  • 何かを行うにあたっての、もとにある考え

  • 話や企画のねらい

  • 活動の目的


という意味で使います。

ポイントは「もとにある考え」という所ですね。

目的」「ねらい」を伝えるためのものですので、
趣味趣向や、考えていること、理念などを伝えるときにも使います。

Sponsored Link


主旨の意味


主旨というのは、

  • 考え、文章、計画などの中心となる事柄


を意味します。

ポイントは「中心となること」なので、
趣旨とは違い、理念や目的などを伴いません

あくまで「中心のことはコレ!」ということを
言いたいときに「主旨」を使います。

Sponsored Link


趣旨と主旨の違いと使い分け


意味の違いをざっとまとめますと、

趣旨 行動や企画のもとにある考え、ねらい。
主旨 考えや計画の中心となるもの。

となりますが、確かにちょっと意味が似ていて、
紛らわしいですよね~。

実際のところは、同義でとらえられている場合もあり、
公文書や新聞などの報道関係では、

趣旨

の方で統一されていたりもします。


ビジネスの場面で使うシーンもありますが、
ほとんどの場合は「趣旨」を使います。

なぜならば、大体この意味で使うときには、
物事の目的やねらい、文章などで伝えたい内容となるためですね。

たとえば、

    「この企画の趣旨を説明します」
    「配られた冊子には会社設立の趣旨が書いてある」

といった使い方となります。


逆に主旨を使う場合は、その話や文章が
何かを説明するために存在していることが多いですね。

重要な中心となる何かがある場合には主旨を用いて、

    「その話の主旨は何ですか?」
    「最初に主旨を説明した方が分かりやすい」

と言ったニュアンスで使われます。

Sponsored Link


要旨の場合は?


では、最期にちょっと混同しやすい、

要旨

についてみてみましょう。


要旨というのは、

  • 主な内容

  • 述べようとする内容の主要な点を短くまとめたもの

  • 事のあらまし


を意味します。


趣旨と似ているようですが、要旨の場合は

  • 内容を分かりやすくしたもの

  • 内容のまとめ


  • という意味になります。


    なので、もしもビジネスシーンで趣旨を求められた場合は、

  • 企画の考えや意図、計画のねらい


  • を説明しましょう。

    一方、要旨を求められた場合は、

  • 企画を短くまとめたもの

  • 企画の要点


  • を説明すればOKです。

    復習になりますが、主旨の場合は、説明すべきは

  • 何かを言うときの中心となる事柄


  • となります。

    まとめ


    今回は趣旨と主旨の違いを紹介しました。

    まとめますと~

    趣旨:「行動や企画のもとにある考え、ねらい」
    主旨:「考えや計画の中心となるもの」

    となります。

    そして、趣旨の方が一般的。

    要旨とも似ていますが意味や用法がちょっと違うので、
    間違えないようにしましょう~。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ