デカフェとカフェインレスの違い!ノンカフェインの場合は?

Sponsored Link




カフェインには目を覚ます効果もありますけど、
あまり摂取したくないという場合もありますよね。

たとえば、妊娠中とか、アトピーとか。

でもコーヒーは飲みたーい!

なんてこともままあります。(^^;

null

そんな時に、

この商品はカフェイン少ないですよー

といううたい文句で販売しているものもあります。

たとえば、

  • デカフェ

  • カフェインレス

  • ノンカフェイン


  • などなど。

    これらの表記はいったいどのような意味なのでしょう。

    「ノンカフェインだとカフェインゼロ?」
    「デカフェだと少しカフェインは入ってるの?」
    「デカフェとカフェインレスの違いは?」

    など、考えてみるとチョット疑問です。

    今回は、コーヒーなどに含まれる
    カフェインの含有量の表記の違いについてまとめました。

    それではさっそくみていきましょう。

    Sponsored Link





    カフェインとは


    そもそもカフェインとはナニモノなのでしょうか。

    カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって、

  • 覚醒作用

  • 解熱鎮痛作用

  • 強心作用

  • 利尿作用


  • などの効果を体に与える物質です。

    コーヒーや紅茶、ココア、コーラ、栄養ドリンクなど、
    さまざまな飲み物に含まれています。

    あまり多くとりすぎると良くないもの、
    という印象を持っていただければOKです。

    さて以上をふまえたうえで、
    それぞれの違いをみていきましょう。

    Sponsored Link


    デカフェとは


    まずはデカフェから。

      デカフェ

      本来カフェインを含んでいる飲食物からカフェインを取り除いたり、通常はカフェインを添加する飲食物にカフェインの添加を行わないことで、カフェインを含まなくなったもののことを指す。


    カフェインは先に述べたように、さまざまな飲み物に含まれています。
    これらは大好きだけどあまりカフェインは接種したくない・・・。

    そんな需要にこたえて生まれたのがデカフェです。

    null

    実際、味がそのままで健康により良いものであればそちらを選びますよね。

    しかし、やはりというか、「味が悪い」「香が悪い」などと言われることがまだまだあるようです。

    あとは技術の進歩に期待ですね。
    (^^ゞ

    カフェインの大部分が意図的に除かれているので、

    眠気をさましたい!とか、
    本来の味を楽しみたい!という場合には、

    あまりお勧めではありません。

    ただし、デカフェの場合は取り除いたり、追加で入れないだけであって、
    カフェインが全く入っていないワケではないということに注意が必要です。

    では次にカフェインレスについてみてみましょう。

    Sponsored Link


    カフェインレスとは


    こちらは言葉の通り、

    カフェインが少なめ

    ってことじゃないの?

    とは思いますが一応言葉の意味を調べてみましょう!

      カフェインレスとは

      カフェインが少し含まれているもの

    予想通りでしたね。(笑)

    それではデカフェとの違いはどこにあるのでしょうか?

    デカフェとカフェインレスの違い


    さて両者を調べた結果を簡単にまとめてみましょう

      デカフェ

      元からカフェインが含まれている飲み物からカフェインを取り出すためカフェインが少ない。
      味や香りは元のものと異なると言われる。

      カフェインレス

      元から飲み物自体に含まれるカフェインが少ない。

    null

    どちらもカフェインの少ない飲み物ではありますが、
    デカフェは元からある飲み物から人工的にカフェインを取り除いたもの

    という違いがあるのですね~。
    (^-^)h

    ノンカフェインの場合は?


    最後にノンカフェインです。

    先程のデカフェでは、カフェインがまったく入っていないということでしたが、
    これはこのノンカフェインという言葉と区別するためにあったのです。

    もう予想がついちゃいますよね。

    ノンカフェインとは・・・。

      ノンカフェインとは

      元々カフェインが全く含まれていないもの。

    ということです。

    デカフェされた飲み物にはわずかにカフェインが残ることが多いようで、その状態はノンカフェインとは呼べないのです。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は、デカフェ、カフェインレス、ノンカフェインの違いについて紹介しました。

    ざざっとまとめてみましょう。

      デカフェ

      元からカフェインを含んでいるものからカフェインを取り除いたもの。

      カフェインレス

      元から少しだけカフェインを含んでいるもの。

      ノンカフェイン

      元々まったくカフェインを含んでいないもの。


    これでもうバッチリですね。

    デカフェとカフェインレスは、

    元から少ないのか意図的に取り除いたのか


    という違いがありました。

    対して、ノンカフェインはカフェイン含有量がゼロになります。

    なんともヤヤコシイ話ですね。(^^;

    カフェインが入っている量を比較すると以下のようになります。

      カフェインレス > デカフェ > ノンカフェイン

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ