戦略と戦術の違いをわかりやすく!作戦の場合は?具体例もチェック!

Sponsored Link




戦略戦術

どちらも似たような意味で使われますよね。

例えば、会社の売り上げを伸ばすために行われる会議。

これは、

戦略を話合うのか。
戦術を話合うのか。

なんだか、どっちを使っても良いように思えてしまいますよね。

違い

でも、ちょっと待ってください。

経営戦略

とはよく言いますが、

経営戦術

とはあまり言いませんよね。

ということは、この似ている言葉にも、
はっきりとした意味の違いがあるはず。

と、いうことで!

今回は紛らわしい2つの言葉、
戦略と戦術の違いについてまとめました。

それではさっそくみていきましょう!


Sponsored Link



戦略の意味


まずは、
戦略」の意味から確認していきましょう。

    戦略の意味

    特定の目的達成のために、総合的な調整を通じて力と資源を効果的に運用する技術・理論のこと。

wikioediaによると、戦略の意味は上記のようになっています。

ですが但し書きがあって、

戦略の定義は時代・地域・分野によってその意味は異なる

とあります。

もともとは軍事学の専門用語で、「戦術」と併せて分化した言葉ですが、
時代に合わせて柔軟に意味合いが変化する言葉なんですね。

最近だと、経済外交などにも使われる言葉ですよね。

シレッと書きましたが、

戦術と併せて分化してきた

ということは、やはり「戦術」と「戦略」は違う意味なのでしょうか?

戦術の意味


次は「戦術」の意味をチェックしてみましょう。

wikipediaによると、

    戦術の意味

    競技や経済・経営、討論・交渉などの競争における戦い方のこと。

とあります。

こちらは「戦略」のように柔軟な意味合いは含まれず、
方法」といった意味合いなんですね。

しかし言葉遊びをしているようで、明確な違いが分からないですよね。
次の項目でまとめてみましょう。

Sponsored Link


戦略と戦術の違い


「戦略」と「戦術」の意味を挙げてきましたが、
ここで明確な違いが何なのか。

言葉の意味を再度チェックしながら整理してみましょう。

明確

    戦略

    状況によって定義が変わるものの、特定の目的を達成するために使われる
    技術や理論のこと。

    戦術

    様々な競争における、戦い方のこと。

この二つの言葉の明確な違いは、

最終目的が勝利なのか否か


というところです。

「戦術」は
最終目的を「競争に勝利する事」としており、

「戦略」は
目的の達成が成されれば必ずしも勝利しなくてもよい」のです。

なんとなく、違いが見えてきたと思います。

Sponsored Link


作戦の場合は?


軍事用語つながりで「作戦」というのもありますよね。
こちらはどうでしょうか。

作戦は英語で書くと

operation(s)

となります。

これは

目的を達成するための具体的な行動

を指す言葉です。

しかし、日本語の「作戦」になると実際の行動の他に、

目的達成のための計画

という意味合いも出てきます。

「計画」と「行動」の両方の意味合いを持ち、
使う場面によって意味が変化するのが

作戦

ということですね。

具体的な事例について


今回紹介した言葉はすべて、軍事用語から変化したものですが、
このご時世に軍事用語として使っている人は滅多にいませんよね。

具体的に使うとしたら「外交」か「ビジネス(経済)」が多いでしょう。
そこで、「ビジネス」を例に具体的な事例を紹介していきましょう。

ビジネスにおける「戦略」

ビジネスでは、

経営戦略
マーケティング戦略

といった使い方をしますよね。

ザックリとした意味としては、以下のようになります。

    経営戦略
    企業が経営目的を達成するために立てる方針・方策・手段

    マーケティング戦略
    「誰に」「どのような価値を」「どんな方法で提供するか」という
    売り方の考え方

マーケティング戦略は、経営戦略の一つなんですね。

どうすれば儲かるのか考えるのがビジネスにおける戦略です。


ビジネスにおける「戦術」

では、ビジネスにおける戦術とは何かというと、

これまでのやり方を生かしつつ、そのやり方や方法を改善することです。


複数の「戦略」を立てて、それを経営を立て直す「戦術」とする

といった感じですね。

Sponsored Link



まとめ


今回は「戦略」と「戦術」の違いについてまとめました。

なんだか難してこんがらがってきますよね。
ビジネスにおけるこれらの言葉の意味は、人によって定義が変化するのも特徴です。

それは世界中の様々な経済学者が色々な言葉や状況での
言葉の定義を発表しているからなんです。

色々

ビジネスでは

考えるのが「戦略」、実行するのが「戦術」

といった感じで覚えてしまうと分かりやすいですね!

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link



この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事



コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ