「むちゃくちゃ」と「めちゃくちゃ」の違い!その微妙な使い分けとは?

Sponsored Link




テレビなんかで、耳にすることがありませんか?

めちゃくちゃ仲が良い。

とか、

探すとむちゃくちゃ見つかるよ!

日常的にも、なんとなく使っちゃいますよね。
言葉の勢いと言うか、テンポが良くて言いやすいですもん。

会話

上では、
とても」とか「たくさん」的な意味で使っているのは
何となく分かりますよね。

本当に、なんとな~く、暗黙の共通認識として使っている感じですが、

本当にその意味と使い方、正しいのでしょうか?

普段のノリで使ってしまって、やらかしてしまっていないか、
ふと気になってきませんか?

そこで!

今回は、そんな「むちゃくちゃ」と「めちゃくちゃ」について紹介していきます。

違いを確認して、
仲間内と、そうでない時と、使い分けて会話ができれば
めっちゃスマートですよね!

それでは、いってみましょう!


Sponsored Link




むちゃくちゃ(無茶苦茶)の意味


まずは、むちゃくちゃ意味からチェックしていきましょう。

    むちゃくちゃ(無茶苦茶)の意味

  • 道理に合わないこと。
  • 程度がはなはだしいこと。
  • 知識(常識)が無いこと。
  • 乱暴な様を表す「無茶」と強める言葉。

程度がはなはだしい

という意味で見れば、
先ほどの「とても」とか「たくさん」という使い方も
あながち間違いとは言えないでしょうか。

では、めちゃくちゃの方の意味も見てみましょう。

めちゃくちゃ(滅茶苦茶)の意味


めちゃくちゃも、「むちゃくちゃ」と似たような意味になるのでしょうか?
「めちゃくちゃ」の意味を確認してみましょう。

    めちゃくちゃ(滅茶苦茶)の意味

  • まるで道理の合わない、筋道の通らない様。
  • 程度のはなはだしい様。
  • 非常に混乱した様。

ぐちゃぐちゃ

こちらも、

程度のはなはだしい様子

という意味合いを含めて、かなり似たような意味が出てきますね。
何か違いがあるのでしょうか。

次の項目で検討してみましょう。

Sponsored Link



「むちゃくちゃ」と「めちゃくちゃ」の違い


ほぼ同じような意味になる「むちゃくちゃ」と「めちゃくちゃ」。
この違いについて、考えてみましょう。

ネットなんかを調べると、

あまり違いは無い

と言う人も多かったのですが、図書館で辞書を引きまくりました。
ちゃんとありましたよ、違い!


  • めちゃくちゃ ⇒ 結果に対して使う。

  • むちゃくちゃ ⇒ 原因に対して使う。

  • これだけだと、ちょっと分かりにくいですよね。

    「めちゃくちゃ」は結果的に悪い状態になっていることを指します。
    一方で、「むちゃくちゃ」は原因に無理がある時に使います。

    ここは、例文を見ながら確認していくと
    更に理解しやすい気がしますね。

    それでは、次の項目で
    例文を見ながら使い分け方についてチェックしていきましょう!

    Sponsored Link



    使い分けと例文


    「めちゃくちゃ」と「むちゃくちゃ」の違いをチェックしたところで、
    日常会話で正しく使うべく、例文を見ながら使い分け方を一緒にみていきましょう。

    上で、
    めちゃくちゃ」は結果として悪い状態になってしまうこと
    と紹介しました。

    そこを頭に入れつつ、例文を見てみましょう。

      「めちゃくちゃ」の例文

    • 寝坊したせいで、一日のスケジュールがめちゃくちゃになった。
    • 喧嘩の末、二人の関係はめちゃくちゃになった。
    • 買ったばかりの服なのに、洗濯の仕方を間違えてめちゃくちゃになった。

    何か原因があって、残念な結果になっている状態ですよね。

    では、「むちゃくちゃ」の場合はどうでしょうか。

      「むちゃくちゃ」の例文

    • むちゃくちゃな勉強の仕方をする。
    • むちゃくちゃな取引を持ち掛けてきた。
    • 3時間で課題を提出しろなんて、むちゃくちゃだ。

    「めちゃくちゃ」と違って、「むちゃくちゃ」は結果は関係ないですよね。

    あとは、使い分けと言う意味では、ニュアンスの問題になってきます。

    例えば、最初の方で出した

    めちゃくちゃ仲が良い

    という一文。

    「めちゃくちゃ」の陰にある「悪い結果」という様子を考えると
    使い方として理想的ではない場合も考えられますよね。

    冒頭でシレッと言った

    めっちゃスマート

    というのも、そうですよね。

    でも、通じてしまう

    ここが場のノリニュアンスで使えてしまう、
    この言葉の難しいところですよね~。。。

    Sponsored Link



    まとめ


    今回は、
    めちゃくちゃ」と「むちゃくちゃ」の違いについて紹介しました。

    よく、

    言葉は生き物

    と表現されますが、この二つもそれを象徴するような言葉です。

    本来の意味の中から、一部分を切り取って
    使用しているうちに形を変えていっているのかもしれません。

    なので、今回紹介した意味合いが、
    10年後には少し変わっているかもしれません。

    「正しい意味」を理解して使う場を考えて使っていければ、
    頑なに

    この使い方は違う!

    なんて思う必要はないのではないかな~
    とか考えたりもします。

    大事なのは、

    「正しい意味」を理解して、使う場を考える

    オンオフ

    ってことですよね!(大事なことなので二回言いました。)

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ