観賞と鑑賞の違い!コンサートや映画をみるときに使うのはどっち?

Sponsored Link




  • コンサートをかんしょうする。

  • 映画をかんしょうする。

  • 1


    どちらも「かんしょう」ですが、

  • 観賞
  • 鑑賞

  • のどちらを使えばいいか、悩みますよね。

    そもそも、この二つの「かんしょう」の違いって、どこにあるのでしょうか?
    使い分けの定義って、あるのでしょうか?

    気になってきますよね。

    そこで!

    今回は「観賞」と「鑑賞」の違いについてチェックしてみましょう!


    Sponsored Link




    それぞれの意味


    それでは早速、それぞれの言葉の意味について見ていきましょう。

    観賞とは?

    まずは、「観賞」についてです。

      観賞とは

      美しい物を見て味わい、心を楽しませること。
      物の美しさや趣を楽しむ事。

    目で見て楽しむ」って感じの意味合いですね。

    鑑賞とは?

    では「鑑賞」の方はどうでしょうか。

      鑑賞とは

      芸術作品の良さを味わい楽しみ、理解する事。
      美的な対象を視覚や聴覚を通して深く味わう事。

    こちらは、目だけでなく、でも楽しむ感じですね。

    それなら、広い意味で「鑑賞」を使ってしまえばよいのでは?

    って思っちゃいますよね。
    その辺を次の項目でチェックしていきましょう。

    Sponsored Link



    観賞と鑑賞の違い


    それぞれの意味を見た所で、

    広い意味で鑑賞が万能なのか?

    という疑問にぶち当たっちゃいました。

    でも、「観賞」と「鑑賞」では、やはり意味が違ってきます。
    ここの違いを確認していきましょう。

    実は「観賞」と言うのは、物事の美しさを見ているだけで、
    そこに何かを見出すことはありません。

    ですが、「鑑賞」の方には、美的な対象に対して、
    何かしら見出したり、解釈したりする意味合いがあります。

    例えば、猫を見て「可愛い」と思う事、ありますよね。

    2


    ですが、その可愛さを解釈したりはしませんよね。
    (人によっては解釈するかもしれませんが・・・( ^ω^))

    これが「観賞」です。

    でも、音楽はどうでしょうか?

    音楽には「曲の解釈」と言うものが付いて回ります。
    特にクラシック音楽なんかでは、重要だとされています。

    曲を聴いて、「自分なりに解釈してみる」となれば、これが「鑑賞」になります。

    つまり、


  • そこにあるものを愛でるのが「観賞
  • 芸術作品に対しては「鑑賞

  • というのが、この二つの言葉の違いなんですね。

    Sponsored Link



    コンサートや映画をみる時はどっち?


    それでは、冒頭の例文の答え合わせと行ってみましょう!

    コンサートや映画をみる時は、どちらの「かんしょう」を使えば良いのか。
    答えは、

    どちらも「鑑賞」

    です!

    コンサートも映画も、芸術作品ですものね。

    では、逆に「観賞」の方は具体的に何に使うのか?
    というのが気になってきますよね。

    「観賞」は、動物草花なんかに使われることが多いです。
    例文を挙げるとすると、

  • 桜を観賞する。
  • 熱帯魚を観賞する。
  • こういった感じで使います。

    ここまで例に挙げてきたものは、比較的判断が簡単なものでしたが、

    これって、分類としては芸術なの?違うの?

    と悩んじゃう物もありますよね。

    例えば、

  • 品種改良されたバラ
  • 計算して設計されたお庭や庭園
  • テレビ

  • こういったものは、人によって判断が変わってきますよね。
    そんな場合は、

    自分が対象を芸術として見ているかどうか

    を基準とすると良いです。

    テレビは、なんとなく見ていた場合は「観賞」になりますが、
    コンサートや映画なんかを見た場合は「鑑賞」になります。

    番組の種類によって、どっちを使うか変わってくるんですね。

    Sponsored Link



    まとめ


    今回は、「観賞」と「鑑賞」の違いについて紹介しました。
    芸術作品かどうかが、使い分けのポイントになってきます。

    使い分けのポイント

  • 芸術作品に対しては「鑑賞

  • そうでない物には「観賞

  • どちらとも言える対象には、「自分がどう見ているか」で決める。

    「観賞」で使うものは植物が多いですが、菊やバラ、朝顔なんかは複雑に品種改良されて「芸術作品」として見る場合も多いですよね。

    お花の品評会なんかが良い例です。

    一方で、同じ植物でも確実に「鑑賞」を使う場合もあります。
    盆栽生け花の類です。

    これらはもう、芸術の域まで昇華されているので、「鑑賞」になってきます。

    「観賞」と「鑑賞」は、対象によっては「自分が芸術作品」だと思って見ているかどうかが使い分けの決め手なので、ある意味、融通が利いてしまって悩む言葉ですよね。

    ちょっと表でまとめてみましょう!

    観賞 中間 鑑賞
  • 動物
  • 草花
  • 景色
  • (品種改良された)植物
  • 庭園
  • テレビ
  • 盆栽
  • 生け花
  • フラワーアレンジメント
  • 映画
  • コンサート
  • 演劇
  • オペラ
  • 絵画
  • ライブ
  • 写真

  • 意外と奥が深い言葉でしたね・・・

    動物なんかも、血統書付きの毛並みの美しい品種は品評会があったりしますし、それも「鑑賞」に相当する場合もあります。

    最近だとアクアリウムも、「アートアクアリウム」なんてのがありますし、これも「鑑賞」に当たることがあります。

    3


    色々なものがアートの領域になっているので、「鑑賞」を使う機会は増えていくのかもしれないですよね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ