メランコリックとアンニュイの意味の違い!具体的な使い方やシーンも併せて紹介

Sponsored Link




歌の歌詞やタイトル、小説なんかで最近よく見かける

メランコリック

という表現。
「憂鬱」「物憂げ」といった雰囲気を感じさせる言葉ですが、同じような言葉に

アンニュイ

というのもありますよね。

01


これ、ハッキリした違いって、分からないですよね。
なんとなく、こう、ふわ~んと、

どっちも物憂げな感じ・・・

くらいしか言えないですよね。
日常会話でそうそう使わないのも相まって、使いどころもよく分からないですし。

なので!

今回はメランコリックとアンニュイの違いについて紹介していきます。

それぞれ実際に使うとしたら、どんな感じで使うのか、使い分けるポイントはあるのか?
この辺も一緒にチェックしていきましょう。


Sponsored Link




それぞれの意味


それでは早速、それぞれの意味をチェックしてみましょう。

メランコリックとは?

まずはメランコリックから見ていきましょう。

    メランコリックとは

  • 物思いに沈むさま。
  • 憂鬱であるさま。

雰囲気はやっぱりアンニュイと近いイメージですよね。
では、アンニュイはどうなのでしょうか。

アンニュイとは?

ではでは、アンニュイの意味をチェックですよ!

    アンニュイとは

  • 物憂い感じであること。
  • 物憂い様子。
  • 倦怠 。

だる~~~い

って感じでしょうか。

でも、メランコリックの「憂鬱」とアンニュイの「物憂い」って、何が違うんでしょう?
地味にスッキリしないですよね。

この辺を次の項目で見てきましょう。

Sponsored Link



意味の違い


メランコリックとアンニュイ、意味を見てもハッキリした違いが見えてきませんよね。
違いを見るヒントは

  • メランコリックの憂鬱
  • アンニュイの物憂い
  • この二つの違いを比較することで見えてきそうですよね。

      憂鬱:気持ちがふさいで、晴れないこと。
      物憂い:なんとなく心が晴れ晴れしない。

    02


    え!?一緒じゃん!!!

    ふむ、もしかして日本語で考えるから、分かりにくいんでしょうか。
    ちょっと視点を変えてみましょう。

    メランコリックはもともと英語なのですが、英語では「うつ病」を指すこともあります。

    病的なダルさ

    とでも言うのでしょうか。

    日本語では「うつ病」の意味合いで使うことはあまりありませんが、言葉の持つイメージとしてはネガティブなものなんですよね。

    一方で、アンニュイは英語ではなくフランス語なんです。
    日本で使う場合には、

  • 気だるげ
  • いい感じの退屈そうな雰囲気
  • 神秘的な感じ
  • といった誉め言葉として使われるんです。

    メランコリックとアンニュイの違い

    どちらも「憂鬱」、「物憂げ」といった意味だが、印象が異なる。

    メランコリック:言葉の持つイメージはネガティブ。
    アンニュイ:誉め言葉として使う。
    違いが見えてきたところで、具体的な使い方が気になってきますよね。
    次の項目で、使い方シーンをチェックしていきましょう!

    Sponsored Link



    具体的な使い方は?


    メランコリックとアンニュイの違いが分かったところで、実際にどんな使い方をするのか見ていきましょう!

    メランコリックの使い方

    まずはメランコリックの使い方です。

    • 「梅雨の季節はメランコリックな気分になる。」
    • 「どことなく、メランコリックな表情をしている。」
    • 「失恋してメランコリックな気持ちになった。」
    と、気分雰囲気に対して使う感じです。

    でも・・・
    あんまり普段の会話では使わないですよね。

    使うシーンとしては、大抵小説の中で使う言葉になってきます。

    アンニュイの使い方

    次はアンニュイの使い方を見ていきましょう。

    • 「窓際に佇む姿がアンニュイだ。」
    • アンニュイなメイクが似合っている。」
    • 「秋はなんだかアンニュイな気分になる。」
    • アンニュイな午後だなぁ。。。」
    • アンニュイな女性。」
    と、こんな感じで使います。

    メランコリック同様に気分や雰囲気に使うのですが、メイクファッション髪型なんかの表現には「アンニュイ」を使うほうがしっくりきます。

    ところで、「アンニュイな女性」ってどんな女性か思いつきますか?

    03


    芸能人で例えるなら、小松菜奈さんや水原希子さんといった方のことを指すようです。
    顔立ちも、アイドルのような可愛らしさとは違う、少し眠たそうな独特の雰囲気がありますよね。

    儚げな感じもありつつ、クールな感じもありつつ・・・
    なかなか表現するのが難しいような複雑な魅力を纏っていますよね。

    黒目勝ちのパッチリお目目も可愛いですが、こういう何とも言えない雰囲気も素敵ですよね。

    Sponsored Link



    まとめ


    今回は、メランコリックアンニュイの違いについて紹介しました。

    メランコリック アンニュイ
    melancholic(英語) ennui(フランス語)
    病的な倦怠感・憂鬱さ 神秘的な倦怠感や物憂げな感じ
    ネガティブな印象 誉め言葉として使える

    アンニュイはメランコリックよりも幾分使いやすい感じですよね。
    アンニュイメイクとかアンニュイ女子とか言いますしね。

    これがメランコリックメイクだと、なんかちょっとやつれたメイクな感じですよね。

    同じ「物憂げ」でも魅力的に見えるのがアンニュイなんですね。(((uдu*)ゥンゥン

    そう考えると、メランコリックって自分で言いたい意味で相手に伝わるかどうか、結構微妙な表現だと思います。
    誉めたつもりだったのに、

    ・・・どういう意味?

    と相手に思わせてしまう危険性もあります。

    メランコリックに関しては「小説や歌なんかで雰囲気を表現するために使われる言葉」という程度の認識が丁度良いのかもしれませんね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ