「ご尽力」と「お力添え」の違い!「ご協力」とのニュアンスの違いは?

記事公開日:2019年4月29日

Sponsored Link




ビジネスで誰かに手助けしてもらった時、ちょっと手助けをお願いしたい時、どんな風に表現するでしょうか?

01


  • ご尽力
  • お力添え

  • こんな言葉を使って文章を作ることが多いと思います。

    この二つ、上手に使い分けていますか?
    と言うか、使い分けるものなんでしょうか?

    あんまり違いを気にせず使っちゃってますよね。

    でもですよ!!
    もしかして、目上の人に使ったら失礼な場合とかって、あるかもしれません!

    ちょっと心配になってきますよね。

    そこで!

    今回は、手助けしてもらった時などに使う事の多い「ご尽力」と「お力添え」の意味違い使う場面について紹介していきます。

    なんとなく意味合いの似ていそうな「ご協力」とのニュアンスに違いはあるのか、この辺も一緒にチェックしていきましょう。

    それでは、さっそく「それぞれの意味」から確認していきますよ~!


    Sponsored Link




    それぞれの意味


    まずは、それぞれの意味から確認していきましょう。
    意外と意味とか、調べたことないですよね。

    「ご尽力」とは?

    それでは、「ご尽力」からいってみましょう。

      「ご尽力」の意味

      あることを為すために、力を尽くすこと。努力すること。

    「力を尽くす」で「尽力」。
    そのままと言えば、そのままですよね。

    なので、

    尽力を尽くします!

    とか言ってしまうと、間違った使い方なので気を付けておきましょう。
    言いたいことは分かりますが、

    尽力します。

    が正しい使い方になります。

    では「お力添え」の方はどうでしょうか?
    見てみましょう。

    「お力添え」とは

    それでは「お力添え」の意味をチェックです。

      「お力添え」の意味

      助けること。援助、助力。

    「力を添える」という所から、なんとなく読み取れますが「助力」を指す言葉ですよね。

    こうして見ると意味の違いが見えてきますが、次の項目でまとめていきましょう。

    Sponsored Link



    「ご尽力」と「お力添え」の違い


    「ご尽力」と「お力添え」の意味をチェックしてみましたが、違いがジワジワ見えてきましたよね。
    ここで、改めて二つの言葉の違いについて確認していきましょう。

    まずは、「ご尽力」と「お力添え」を使った例文を挙げてみましょう。

    「ご尽力」を使った例文

  • これからも、良い結果が出せるように尽力していく所存です。
  • 当方も、微力ながら尽力させていただきたく存じます。
  • 並々ならぬご尽力を賜り、深く感謝いたします。

  • 「お力添え」を使った例文

  • 今回のプロジェクトで、貴殿のお力添えを頂ければ幸いです。
  • 今回の件では多くのお力添えを賜り、ありがとうございました。

  • と、それぞれこんな感じで使っていくことが多いのですが、違いが分かるでしょうか?

    例文からは見えてきませんが、「尽力」には

    目標達成のために走り回る。

    という意味合いが含まれています。

    02


    なので、目上の人に使う時は、適切かどうかちょっと考えてから使った方がよい言葉です。

    さて、例文から見えてくることも、いくつかありますよね。

    ご尽力」の方は、そのままの形で相手に対して感謝する時に使う場合と、「尽力」として自分の努力に対して使う場面とがあります。

    一方で、「お力添え」の方は、まず自分の努力に対して使う事は無いんです。
    相手が何かしてくれた時のお礼の言葉や、何かを依頼したい時に使う場面が多いです。

    相手に何かを依頼したい時に使う言葉と言えば、

    ご協力いただけないでしょうか?

    みたいな形で使う「ご協力」なんてのもありますよね。何かニュアンスの違いはあるのでしょうか?

    ちょっと次の項目で見ていってみましょう。

    Sponsored Link



    「ご協力」とのニュアンスの違いは?


    「お力添え」とちょっと似ている雰囲気が感じられる「ご協力」。
    なにか違いがあるのか、ちょっとチェックしてみましょう。

    まずは、意味から見てみましょう。

      「ご協力」の意味

      目的に向かって心を合わせ努力すること。

    こうして意味を見てみると、「ご尽力」と似ているんですね。
    実は「ご尽力」や「お力添え」と置き換えることができます。

    「ご尽力」のように、「目標達成のために走り回る」といったニュアンスを含まない分、案外使い勝手が良いですよ。

    他にも置き換えが可能な言葉として「ご助力」、「ご支援」といった言葉があります。

    んん??(; ・`д・´)
    置き換えができると言う事は、もしかして

    ご尽力、ご協力ありがとうございます。
    ご協力、お力添え頂いて、ありがとうございます。

    とかは、重複になってしまって、間違った使い方になってしまうのでしょうか?

    う~~~ん・・・
    明確に「間違いです!」とも言えないですが、ビジネス文章として考えると、ちょっとうっとおしい感じもしますよね。

    ビジネス文章は簡潔に書くことも重要になってくるので、こういった場合は、スッキリと

    ご協力ありがとうございます。

    で十分ですよ。

    Sponsored Link



    まとめ


    今回は「ご尽力」と「お力添え」の違いについて紹介しました。

    結構意味が似ていて、ややこしかったのでちょっとまとめておきましょう。

    ご尽力 お力添え
    意味 あることを為すために、力を尽くすこと。努力すること。 助けること。援助、助力。
    ニュアンス 目標のために色々と手を尽くしてもらう感じ。 ちょっと手を貸してもらう感じ。
    使う場面
  • 「ご尽力」で相手への感謝、謝罪
  • 「尽力」で自分に対して
  • 相手への感謝、謝罪
  • 相手へのお願い、依頼

  • 言葉のニュアンスとして、「ご尽力」の方が重いです。

    03


    なので、目上の人へ使う場合は「ご尽力」で良いのかどうか、考えてみる必要が出てくる場合があります。

    目上の人に、

    私のために走り回ってください。

    なんてお願い、出来ませんよね。

    悩んでしまった時は、「ご協力」、「ご支援」、「ご助力」といった言葉に置き換えてしまえば丸く収まりますよ。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ