「めどが立つ」の目途と目処の違い!目安や目標との違いは?使い分けを例文で!

Sponsored Link




仕事の区切りのいいところになったし、

メドが立った。

って連絡しとこう!

01


となって、「メド」を変換しようとしたら、

  • 目途
  • 目処

  • と、出てきて

    どっちなんじゃい?

    って思うことって、ありますよね。

    「メド」の変換で出てくるということは、どちらも「メド」と読むのでしょうけれど、使い分けって必要なんでしょうか?

    伝わればどっちでもいい気もしますが、しかし、一度気になると調べずにおくとムズムズします!気になります!

    と、言うコトで!

    今回は、変換すると出てくる「目途」と「目処」の違いについて、見ていってみましょう。

    果たして違いは有るや否や・・・
    それでは行ってみましょう!


    Sponsored Link




    それぞれの意味


    まずは、辞書的な意味から確認してみましょう。

    「メド」の意味なんて、調べたことってあまりないと思いますが、確認ですよ~。

    「目途」の意味

    まずは、「目途」の方から意味を見てみましょう。

      「目途」の意味

    • めあて。
    • 見込み。

    なんとシンプルな意味でしょう。

    「目処」もチェックしていきましょう。

    「目処」の意味

    シンプルな意味だった「目途」ですが、「目処」も同じような意味なのでしょうか。
    目処」の意味を確認していきましょう。

      「目処」の意味

    • めざす所。
    • めあて。
    • 針の糸を通す穴。

    こちらは、「目途」よりも少し意味が増えましたね。

    めあて

    という意味では同じですが、違いについて次の項目で整理していってみましょう。

    Sponsored Link



    「目途」と「目処」の違い


    「目途」と「目処」の意味を確認していってみると、同じ意味もあれば、違う意味もありそうな感じでしたよね。

    モヤっとしたこの二つの文字の違いを、この項目で整理していきましょう。

    ザックリ言ってしまえば、実は違いはありません
    どっちを使ってもOKです!

    ん?じゃぁ、まとめるべき違いなんてないじゃん?

    って、なると思いますが、まぁまぁ、もうちょっと見ていきましょう。
    「目途」と「目処」の意味を見ていると、「目安」や「目標」といった言葉と重なってきませんか?

    ここらへんも交えて、今度は違いを見てみましょう。

    目安や目標との違いは?

    実は、「目途」と「目処」の意味の中には、「目標」の意味も含まれているんです。

    さらに、「目処」の方には「おおよその見通し」という意味も含まれています。

    では、「目安」との違いはどうでしょうか?
    「おおよその見通し」と近い物も感じますが、積極的に似た意味としても良い物でしょうか?

    判断するために、まずは意味を確認してみましょう。

      「目安」の意味

    • 目当て。
    • 標準。
    • 目標。

    言っていますね、「目標」って。

    02


    ココからは、言葉の持つイメージの問題です。
    ニュアンスってやつですね。

    「目処」、「目途」は「目標」ですから、「達成するべきポイント」のようなニュアンスがあります。

    一方で、「目安」は「大ざっぱにこの辺」というふんわりしたニュアンスです。

    この辺りを、例文を使ってみていってみましょう。

    Sponsored Link



    「目途・目処」と「目安」の例文


    さて、「目途・目処」と「目安」の違いをニュアンスも見ながら紹介していきましたが、実際に例文を使って見ていってみましょう。

      「目途・目処」を使った例文

    • 来月末日をメドにプロジェクトを終了する。
    • 4月の実施をメドに詳細を詰めていく。
    • 仕事が終わるメドが立たない。

      「目安」を使った例文

    • 一日5問ずつ解いていくのが目安かな。
    • TOEIC700点が一つの目安だ。
    • 一か月に一冊を目安に本を読んでいこう。

    それぞれ例文を挙げてみました。

    こうして見ると、「メド」の方が「目安」よりもハッキリした印象ですよね。

    Sponsored Link



    まとめ


    今回は、「目途」と「目処」の違いについて紹介しました。

    どちらも意味としては「目標」に似ていましたよね。
    特別使い分ける必要もなく、どちらを使っても大丈夫です!

    03


    ただ、「目安」とは若干ニュアンスが異なっていて、

  • 「目途・目処」:割とハッキリとした目標のポイントがある。
  • 「目安」:達成しなくても良いが、達成した方が良い。

  • という違いがありましたよね。

    仕事などでは、「目安」よりも「メド」を使った方が誤解が少なく済みそうですよね。

    ただ、「メド」と「目安」のニュアンスに関しては、個人差が大きいものでもあります。

    「目安」と言ったからといって、ココで挙げた意味合いとして相手に通じるかどうか、逆に相手が言いたい意味とこちらの認識が合っているのか、この辺は文脈から読んだり、場合によってはキッチリ確認した方が良い場合もあるかと思いますよ。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ