知ると分かるの違い!日本語の微妙なニュアンスを検証

Sponsored Link




母親「たかしー、宿題やったのー!?」
たかし「分かってるよ!」
母親「ちゃんとやんなさいよー!」
たかし「分かってる分かってる!知って知ってる!あーーーーー!」

説教


みたいな会話、子供のころ母親としませんでしたか?

たかし君が言いまくってる「知ってる」と「分かってる」。
たかし君は本当に分かっているのか。。。
これ、絶対分かってない奴ですよね。

ところで、
知る」と「分かる」の違い
説明できますか?

なんとなく分かっているような気もするけれど、
知らないような気もしますよね。

たかし君現象です。←

そこで今回は、微妙に同じで微妙に違う
「知る」と「分かる」の違いについて紹介していきます。

日本語の深淵をちょっとだけ覗いてみましょう。


Sponsored Link




知るということの意味


知る」って、一言で言っても結構難しいです。

それこそ、色んな人が「知るということ」をテーマに
を書いているくらいです。

哲学的な雰囲気をかもしちゃいましたが、
今回は単純に言葉の意味として
知る」とはどういうことなのか見ていきましょう。

    「知る」ってどういうこと?

  • 物事の存在を認識する。
  • 体験して身につける。
  • 物事の状態・内容・価値などを把握する。
  • 知り合い、面識があること。

本当に色んな意味がある言葉ですが、
まとめると上のような意味で使われることが多いですよね。

ついでなので、意味ごとに例文を挙げてみましょう。

    「知る」の例文

  • 「あ、これ知ってるー。」
     (物事の存在を認識する。)

  • 「お酒の味を知った。」
     (体験して身につける。)

  • 「この壺の価値をなんでも鑑定団で知ったよ。」
     (物事の状態・内容・価値などを把握する。)

  • 「あの人知ってるよ。」
     (知り合い、面識があること。)

では、「分かる」とは?
次の項目でチェックです。

分かるということの意味


次は、「分かる」の意味を見てみましょう。

    「分かる」の意味

  • 物事の意味や価値などが理解できる。
  • はっきりしなかった事柄が明らかになる。
  • 相手の事情などに理解、同情を示す。

これも、意味ごとに例文を見てみましょう。

    「分かる」の例文

  • 「この壺の価値は俺だけに分かるんだ。」
     (物事の意味や価値などが理解できる。)

  • 「事件の真相が分かった。」
     (はっきりしなかった事柄が明らかになる。)

  • 「君の気持は分かった。」
     (相手の事情などに理解、同情を示す。)

「知る」と「分かる」の例文をいくつか挙げましたが、
二つの言葉を置き換えても意味が通じる場合もありそうですよね。

ここはキッチリハッキリ違いを確認しておきたいところです。

次の項目で、ここら辺を確認してみましょう。

Sponsored Link



知ると分かるの違い


「知る」と「分かる」の意味を、例文を交えて見てきましたが
ぶっちゃけ、似てませんか?

なので、ここで二つの言葉の違いを明らかにしていきましょう!

「知る」と「分かる」は、文章によってはどっちでも使える場合もありますよね。
例えば・・・

  • この壺の価値を知っている。
  • この壺の価値を分かっている。

  • この場合は、どっちでも良いわけです。

    どっち

    では、しっかり使い分ける必要がある文章を挙げてみましょう。

  • 説明書を読んだが、使い方を知らない
  • 説明書を読んだが、使い方が分からない

  • この文章の場合、「知る」の方は使えませんよね。

    知る」は、新たに知識として得たものに使います。
    一方、「分かる」は経験として理解しているもの(したもの)に使います。

    今回の例文の場合は、
    説明書を読んだので、知識としては知っているはずなんです。
    でも、経験としては分からない

    なので、「知る」は使えないんです。

    もうちょっと掘り下げると、
    「知る」ことから「分かる」ことへ理解の程度が移行することはありますが、
    「分かる」ことから「知る」ことへ移行することはありえないんです。

    ちょっと「知識」と「知恵」の関係に似ていますよね。

    Sponsored Link



    英語で言うと?


    不思議なもので、
    英語で言うと違いがより鮮明になることもあります。

    なので、ちょっと英語でどんな風に表現するのか見てみましょう。

      「知る」の英語表現

    • I know this composer.
      (この作曲家、知っているよ。)

    • I learned the meaning of this word.
      (この単語の意味を知った。)


      「分かる」の英語表現

    • I know what you think.
      (君の気持ちは分かるよ。)

    • I understand that.
      (それ、分かる[理解している]よ。)


      「知る」と「分かる」両方の意味を持つ英語表現

    • He knows what it is to go hungry.
      (彼は、ひもじいことがどんなことが知って分かって]いる。)

    • I understand the value of this pot.
      (私にはこの壺の価値が分かる[壺の価値を知っている]。)

    ・・・意外なほど、違いが見えませんでしたね。(笑)

    調べると、「知る」と「分かる」はたくさんの表現が存在ます。

  • know
  • understand
  • learn
  • descover
  • ・・・・・

    だんだんこんがらがってきますが、
    knowunderstandが多いです。

    でも、日本語のように複雑かつ微妙な使い分けは
    されていないようにも感じます。

    「分かった」とか「I see.」ですが、
    「了解」とか、「気持ち分かる」、「それなwww」みたいな意味合いもあって、
    けっこうですよね。

    もしかしたらネイティブは使い分けているのかもしれませんが。。。

    Sponsored Link



    まとめ


    今回は「知る」と「分かる」の微妙な違いを紹介しました。

    日本語も英語も、それほど明確な使い分けはない場合もありますが、
    日本語だと明らかに使い分けていることがあるんですね。



  • 知る ⇒ 新たに知識として得たもの。

  • 分かる ⇒ 経験として理解しているもの。

  • 無意識に使っている言葉ですが、
    深く考えてみると面白いですよね。

    冒頭のたかし君は、宿題をやらない事のヤバさを
    知識として知っているし、経験としても分かっていたのでしょう。

    ヤバい

    「知ってる」と「分かってる」を連呼するのも、
    あながち間違いではなかったのかもしれません。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link



    この記事が参考になった!」場合はこちらのボタンでポチッと応援お願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事



    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ